能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女郎花またつづき

さてアイが狂言座に下がるとワキの待謡。「一夜臥す 男鹿の角の塚の草」と謡い出すと、やがて笛のアシライ、大小の打ち出しとなり、ワキは正先の方に向きを換えると合掌して「南無幽霊成等正覚出離頓生菩提」と謡います。
太鼓打ち出しから出端の囃子。後シテの出です。

先にツレ、唐織着流しの女が立ち、後からシテ浅葱の色大口に長絹を肩脱ぎにし、黒垂に風折烏帽子、面は中将のようです。橋掛りを進んでツレが常座まで出、シテは一ノ松で謡い出しです。
シテ、ツレが交互に謡って地謡「消えにし魂の女郎花 花の夫婦は現れたり あら有難の御法やな」でシテは拍子を踏んで小さく一廻り、ツレともどもに歩み出してツレが大小前から正中へ、シテは常座に出て小廻りし、二人合掌してワキに感謝する形になります。

ワキが亡霊の現れたことを謡い、ツレ、シテが頼風と都の女の子細を謡います。
ツレは「猶も恨の思深き放生川に身を投ぐる」と正先に出て一度膝をつき川に身を投げたことを様式的に示して立ちます。ツレがワキ座に退くとシテが「頼風これを聞きつけて」と常座から正先を見込みます。
死骸を土中に込めたことをツレが謡い、シテは「その塚より女郎花一本生ひ出でたり」と正面を向き花を見る心です。正中に出、戻って拍子を踏むと地謡。四拍子を踏み、面を上げて「男山の昔」を思う形から、大小前へと進み「跡の世までも懐かしや」と片シオリしてクセになります。

短いクセでも「よしなき水の泡」と下を覗き込み、左の袖を返して「つづいてこの川に身を投げて」と上げ端では片膝ついて川に身を投げた様。立ち上がって角トリし大小前からワキ正へと出てさらに「跡弔いてたび給へ」とワキに向かって願う様子を見せて目付から大小前へと回り左右、打込開キして「あら閻浮」と謡って片シオリ、地謡が「恋しや」と受けてカケリです。
このカケリは修羅物と違うのは当然ですが、キリに向かって気分を変えていく感じがします。
キリは仕舞でもよく舞われるところですが「邪淫の悪鬼は身を責めて」と四拍子を踏み、修羅道とは異なる地獄の苦しみを舞うところ。雲扇して剣の山を仰ぎ、扇を剣に見立てて「剣は身を通し」と身を貫く様など苦しみを見せた後、最後は「罪を浮かめてたび給へ」と常座からワキに合掌した後、シテ柱を向いて留拍子、終曲となりました。

佐藤章雄さん、体調を崩されていたと聞いていたのですが、無事一曲を勤められました。いささか本調子ではなさそうな感じも受けたところです。

余談ですが、粟谷明生さんのブログを拝読していたところ、嫌いな曲の第4位に女郎花が入っていました。第2位が盛久、第1位は龍田だそうです。それぞれ非常にやり難い曲なのだそうです。私は明生さんの盛久を観て大変に感動したのですが、演者と見所は違うものだなあと思った次第です。
(77分:当日の上演時間を記しておきます)
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1834-7b2a05a2

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-06 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。