FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

義仲を弔う女・・・巴のつづき

一同着座すると、ワキ・ワキツレの出になります。
ワキは木曾の山中から都へ上る途中に、近江国粟津原にたどり着いたと述べてワキ座に着座します。野口能弘さんのワキでしたが、私、野口さんのワキは割と一生懸命な感じが気に入っています。
シテは橋掛りを進んで一ノ松で立ち止まってサシを謡いますが、橋掛りが短いのを見込んでか、いささか歩みがゆったりめの感じを受けました。
いつもながら山井さんの謡は深みがあり、あの体からどうしてこんな声が出てくるのかと思うところです。


舞台に入り、常座から三、四足進んで下居。合掌して神社に参詣し「昔のことの思い出でられ候」とシオル型。
さてワキが何事かと尋ねたことからワキ・シテの問答になります。
ここで行教和尚が宇佐八幡に詣でた際に詠んだという歌「何事のおはしますとは知らねども。忝さに涙こぼるゝ」が引かれます。


実はこの社は木曾義仲を祀ったもの。木曾から出てきた旅人ならば、粟津原の神の名を知っているべきに・・・と述べて、シテはワキに参詣を勧めます。
さて日も暮れる中、シテの女は「我も亡者の来たりたり」と、自らも幽霊であることを明かし、名は里人に聞いてほしいと、草の葉陰に姿を消します。
ここで中入り。


間狂言が登場しますが、アイは神社に参詣にきた里人という設定。
いわゆる語りアイですが山本則秀さんの歯切れの良い語りです。
この地での木曾義仲と巴との物語を語った後に、ワキ僧に弔いを勧めてアイは切り戸口から退場します。


ワキ、ワキツレはワキ座を立ち、五条辺りを訪れた風情を出して、待謡を謡います。
さて後シテの出は、明日につづきます

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/184-3e3dcf21

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-01 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。