能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

翁付老松さらにさらにつづき

老松は宝生流今井泰行さんの観能記(鑑賞記初日月リンク)を書いていますので、小書無しの場合との比較の意味で参照いただけると良いと思いますが、前場はツレが若い女である以外に大きな違いはありません。ともかくも先に出たツレの若い女が一ノ松に、シテが三ノ松に立って向き合い一セイ。
続いて正面を向いてツレの二ノ句、二人同吟でシテは杉箒を肩から外して右手に持ち、歩みアシライで舞台に入って、ツレが正中、シテが常座に立つとシテのサシ謡です。

型通りの所作・進行ですが、下歌・上歌と謡って最後の「梅の花垣を囲はん」でシテ、ツレが立ち位置を入れ替えてシテが大小前、ツレが目付に進み、立ち上がったワキとシテが向き合う形になります。

ワキはシテ老人に問いかけ、飛梅とはどの木かと尋ねます。老人は「自分たちは紅梅殿とあがめている」と答えますが、さてその木を指し示すわけでもなく、傍らの松に話を移します。ワキは白木綿(シラユウ)を懸けたその松に、これこそ老松かと気付きます。

地謡のうちにツレが笛座に下居、シテが大小前でワキを向いて下居すると、ワキが当社の謂われを詳しく物語るようにと求めます。
シテは杉箒を置いてサシ謡。肩上げが下ろされて、まずはシテ、地謡の謡で当社の様子が示されます。

クセの謡。松梅はともに天神、道真公のご寵愛であったが、この二種の木は我が朝よりもまず中国でめでられ、梅は文学廃れば匂いもなく色も深くならないので文を好む木として好文木と呼ばれ、また松は秦の始皇帝が雨宿りしたことから太夫の爵を贈られた由来などが謡われます。シテの上げ端から地謡「守るべし守るべしや神はここも同じ名の」でシテは立ち上がり、常座へと向かうと「神さびて失せにけり」と中入となります。宝生流では德川家の本姓が松平であることを憚って手直しした「万代の春とかや」の詞章で中入となる話は以前記した通りです。
このつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1845-acb887a9

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-09 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad