能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

箕被 山本東次郎(第53回式能)

大藏流 国立能楽堂 2013.02.17
 シテ 山本東次郎
  アド 山本則孝

箕被(ミカズキ)を前回見たのは何年前だったか、ともかくこのブログを始める前のことだったので、鑑賞記を書くのは始めてということになります。確かその時もシテは東次郎さんだったような・・・

この曲は以前ブログの中で、笑いのない狂言として「鶏猫(けいみょう)」や「牛盗人」などと共に曲名のみを取り上げたことがあります。しかし今回あらためて観てみると、腹を抱えるような笑いの要素はありませんが、思わず顔がほころんでしまうような、優しい笑いの要素を持った印象を受けたところです。

舞台にはまず後見が出て、笛柱に箕を立てかけます。これが後ほどの伏線になりますが、準備が整うとシテの夫、東次郎さんが小袖壺折出立、狂言袴に段熨斗目を壺折に着けて登場してきます。
後ろにはアド妻の則孝さんが続き、シテが常座に、アドは箕の立てかけられた笛座前に控えます。

まずはシテの名乗りで、自分は連歌が好きで好きでたまらず、あちらの会、こちらの会と家にも戻らず遊び歩いているが、この度、頭に当たったので明日の会の準備のために家に戻ると語ります。この日の東次郎さんは壺折出立ということで、半袴に段熨斗目をゆったりと着けた独特の形。この曲では布羽織半袴出立で出る場合と、この壺折の形で出る場合とあるようですが、こちらの方がより風雅めいた様子を表す装束のようです。

さてシテは型通りに独り言ちしながら舞台を一廻りし、家に着いた風で常座から家人を呼びます。これに答えてアドが立ち、ワキ座へと出てシテに向かい合い問答になります。
このつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1853-4ace5cca

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-06 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。