能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

住吉詣のつづき

舞台にはまず名宣笛でワキ住吉の神主と、アイ社人が登場してきます。
ワキ森さんは白大口に単狩衣、風折烏帽子の神職の風体、アイの深田さんは半袴に肩衣を着け太刀持ちの形です。
常座まで進んだワキは摂州住吉の神主、菊園の何某と名乗り、光源氏が当社にご参詣されるというので、社人を集め社内を清めて、源氏を迎える心得をしておくように申しつけようと思う旨を述べて、アイを呼び出しワキ座に立ちます。

ワキはアイに対して、社内を清め心得るようにと命じると、鏡板の所に行ってクツロギます。命ぜられたアイは、常座に立って社内を清め、迎える心得をするようにと触れて、橋掛りに向かい、幕に入ります。
ヒシギが吹かれて一声の囃子。後見が車の作り物を持ち出して正先に置き、源氏の一行が登場してきます。

先頭に子方の童随身二人が立ち、源氏、舞童、惟光、そして三人の従者が舞台に進み、源氏が車に入って、童随身、舞童、従者が左右に並び、惟光は源氏の真後ろに立って、一セイ、惟光のサシ、一同の謡と続きます。この道行で、一行は住吉近くに到った様子で「なほ行先は渡辺や 大江の岸に寄る波も」と源氏は下がって車から出、一同下がって、源氏がワキ座、舞童、童随身、従者三人とならんで、最後に惟光がちょうど正面あたり。源氏がここで床几にかかり、一同が下居して源氏のサシ謡になります。

ここで謡われる道行「今日思ひ立つ旅衣 薄き日影も白鳥の」と謡われますが、ここに「山崎」「芥川」の地名が読み込まれ、さらに「交野に狩り暮れて 春見し花のそれならん」の詞章があって、最後に「住吉」の地名が出てきます。
河添さんの解説だと、これらの地名などは伊勢物語との連鎖を示唆するもので、「山崎」や「交野に狩り暮れ・・・」は八十二段惟喬親王の段からの引用とのこと。光源氏を業平の色好みに擬する意図があるのかもしれないと話されていました。

ともかくも、このつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1867-e0332b8b

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-06 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。