能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

住吉詣さらにつづき

光源氏の謡から地謡の上歌「日の本の神の誓いはおしなべて・・・」となり「八相成道は・・・」で源氏が立って正中へとゆっくり進み「誰かは仰がざるべき」と両手を突いて参拝の形、立ち上がって床几に戻ります。

住吉の神に目出度く光源氏が参詣したという態で、ワキが常座に下居「ただいまのご参詣めでたう候」と述べます。
惟光が「さあらば祝詞を参らせられ候へ」と声をかけ、ワキは立ち上がると後見座にて幣を受け取り、まずは後見を向いたままノットの囃子を暫し聞き、立ち上がると大小前にて下居。右膝に幣を立てて「いでいで祝詞をもうさんと」と謡い出します。

「謹上再拝」と幣を右から振り出し、両手に捧げて拝した後、右の膝に弊を立て「敬って申す」と祝詞を唱えます。地謡がこれを受けて謡い、ワキは立ち上がって後見に弊を渡すと常座に下居。「悦びの御盃 神主に賜びければ」の謡に、童随身二人が立ち上がって源氏に酌をし、戻って着座します。
さらに舞童が立ち上がって大小前に立って「一樹の蔭や一河の水」と謡い、地謡が受けて謡う中、正先に出て開キ、右に回って正中から笛座を見込み中ノ舞を舞います。

中ノ舞の譜ですがカカリの後、初段の所で扇を逆手にとって両袖を巻き、舞台をほぼ一廻りすると「我見ても 久しくなりぬ すみよしの」と謡って上扇、カカリと三段の一部分を舞ったような具合です。
地謡の大ノリの謡に、舞童はサシ込み、開キ、サシて正中から幕を見込み「明くる住吉の」と雲扇。童随身が源氏の後ろに下がって向かい合い、この二人分、一同の位置が詰められた形になって一声の囃子が奏されます。

囃子が始まると後見が舟を出して二の松に据え、侍女二人を従えた明石の上が登場してきますが、このつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1869-8c0030ca

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。