能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

住吉詣さらにさらにつづき

橋掛りの舟に乗り込んだ形の明石の上一行、舟の前の部分に唐織着流しのツレ、真ん中に緋の大口に唐織打掛のシテ、後ろの部分には唐織を肩脱ぎにし棹を持ったツレが立って舟漕ぐ形です。
シテ、ツレ三人の謡で、須磨から津守の浦に着いたことが謡われ、棹持つツレが手をかけて舟漕ぐ様を見せます。こちら側は中所さんだったと思いますが、棹を構えた形が大変美しく印象的でした。

ツレが謡い出し、惟光が立ち上がると、正中辺りから明石の上の一行に向かい合います。ツレの謡で「いかなる人にてやあるらん」と問いかけられ、惟光が「これは都に光君」と答えます。
この詞にシテ明石の上が「あら恥ずかしや光君と 聞くより胸うち騒ぎつつ・・・」と謡い、惟光、シテと掛け合って地謡「玉襷 かけも離れぬ宿世とは・・・」の謡い出しで、惟光は笛座前に戻ります。地謡のうちにシテ、ツレの侍女が舟を下りて舞台に向かい、シテが常座、ツレが大鼓の前あたりに控え、シテはさらに正中に出て着座します。

ロンギになり、明石の上は光源氏と思わぬ再会をすることになります。
源氏物語ではすれ違ってしまう二人が、この曲では再開を果たす、一曲のハイライトとなる場面です。

地謡が「忍捩摺り誰やらん」と謡い、シテが「誰ぞとは 外に調めの中の緒の・・・住吉の岸に生ふてふ草ならん」、源氏が「忘れ草 忘れ草 約言もあらじかし」と謡い継いでいきます。なかなかに情趣深まるところです。

続く掛け合いのうちに惟光が扇を広げて立ち上がり、「傅(メノト)御酌をとりどりの」と謡いつつ源氏の前に立ち、源氏、明石の上と酌をして回ります。
さてこのつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1870-6da5d4c4

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad