能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

九皐会四月定例会を観に行く

金曜日からちょっと立て込んでおりまして、檀風の鑑賞記が中途になっています。

そんな中ですが、本日はやや風の強い中、矢来能楽堂まで九皐会の四月定例会を観に行って参りました。
本日の番組は、能が中所宜夫さんの「知章」と、長山禮三郎さんの「海士」こちらは赤頭三段之舞の小書付です。
狂言は善竹十郎さんの文相撲で、ほかに仕舞三番。

いつもと同様に、いずれ鑑賞記を書くつもりでいますが、それぞれに楽しみました。
知章は、修羅能としてはテーマが複雑に混乱している曲、と思っていたのですが、本日の演能はうまく整理された印象を持ちました。終曲まで違和感なく、僅か十六で亡くなったという平家の公達を描ききったように思えました。

海士は初めて観た小書でして、だいぶん重い扱いと感じたところです。大龍戴も重そうでしたが・・・
前シテの玉之段、もともと好きなところですが、本日はまた一段と深い感じを受けました。そして、子方長山凜三さん。健気でしたねぇ・・・。このところ健気な子方の舞台、というのに恵まれています。相当に大変だったのだろうと想像していますが、大きく成長していただきたいもの、と祈るような気持です。

いささか疲れておりまして・・・本日はこれにて
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1881-a8f0b12c

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-07 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。