能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

知章 中所宜夫(九皐会四月定例会)

観世流 矢来能楽堂 2013.04.14
 シテ 中所宜夫
  ワキ 殿田謙吉、アイ 善竹大二郎
   大鼓 高野彰、小鼓 田邊恭資
   笛 小野寺竜一

この知章(トモアキラ)は三年程前に、角当直隆さんのシテで拝見して以来、二度目の鑑賞です。(鑑賞記初日月リンク)以前にも書きましたが、修羅物の中では遠い曲であまり上演されません。全国の観世流での上演回数を調査された大角征矢さんの統計では、平成12年から21年までの十年間で8回の記録があります。修羅物の人気曲「清経」が、同期間に248回の上演を数えているのと比べると、いかに遠い曲かが分かります。

そのあたりの事情については、角当さんの鑑賞記の際にいささか考えた所を書いておきましたが、さて、今回の中所さんの上演。一曲見終わっての印象では、そうした事情を感じさせない・・・もっと素直な印象でした。
曲自体の構成が、知章と、その死を悼む父知盛の思いをともに見せようという、いささか複雑な構成になっており、しかもその知章が、平家の公達でありながら怪力といわれた武将であったことなど、考え出すときりがない。そうした様々をスッと躱した感じで、素直な修羅物として演じた印象を持ちました。

まずは次第の囃子でワキの出。無地熨斗目着流しに水衣、角帽子を着けた旅の僧です。角当さんの時もワキは殿田さんでしたが、今回はワキツレなしのワキのみの演出です。

常座での次第から、名乗り、道行と謡って須磨の浦に着きます。ワキは何やら気づいた風で「またこれなる磯邊を見れば」とやや斜め先、正先を向いて正中まで出、平の知章と書かれた卒塔婆を見つけた様子を見せます。
さてこのつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1891-cf305725

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-06 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。