能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

海士のつづき

まずは次第の囃子で、金風折烏帽子を頭に載せ、白大口に長絹の子方を先頭に立て、素袍上下のワキ、ワキツレ一行が登場してきます。

向かい合っての次第の謡から、ワキのサシ、子方の名乗りと続いて、房前の大臣が亡母追善のため讃州志度の浦、房崎に下る途次であることが示されます。
型通りに下歌、上歌と謡ってワキの着きゼリフ。一人の海人がやって来るので、この辺りの謂われを尋ねようと言って、一同着座。子方がワキ座で床几に腰を下ろし、ワキツレが子方に添うように地謡前に、ワキは笛座前から小鼓の前あたりに目付柱を向いて着座する形になります。

ここで前シテの出。無紅縫箔を腰巻にし、右手に鎌、左手に海松を持って登場してきます。常座に出て一セイ、続いてサシですが「これは讃州志度の浦 寺近けれども心なき あまのの里の海人にて候」までを謡ってあとは略。下歌も省いてワキの「いかにこれなる女・・・」の詞となりました。

シテ・ワキの問答で、月を見る障りとならないように、シテは水底の海松を刈ることになりますが、地次第で海松を刈る形から後見に海松を渡して正面に向き直り、ワキ正に出ます。ワキがここで声をかけるとシテは常座に戻り、玉取の話になります。
この途中、房前の大臣の名が出ると子方が「やあこれこそ房前の大臣よ」と声を上げます。

今回の子方、長山凜三クンは、シテ長山禮三郎さんのお孫さんですが、いやあ世の中にこんなかわいらしい男の子がいるのだろうか、と驚いた次第。しかも堂々と、大きな声で謡う姿は健気でもあります。実は、こんなことは珍しいのですが、この四月の九皐会に続いて五月の銕仙会でも海士を観まして、これがまた凜三クンの子方でした。
五月にはお父様長山桂三さんの会で、初シテ、合浦を舞われたようです。将来が楽しみなお子さんです。
さてこのつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1897-19b2f9ea

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-09 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad