FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

夜討曽我 高橋亘

五雲会 宝生能楽堂
 シテ 高橋亘、十郎 金井雄資、団三郎 辰巳孝、鬼王 澤田宏司、古屋 内藤飛能、
        五郎丸 金森隆晋、立衆 金野泰大 川瀬隆士、アイ 金田弘明
       大鼓 高野彰、小鼓 住駒俊介、笛 成田寛人



曽我物というのは何曲かあって、小袖曽我や禅師曽我、調伏曽我などがありますが、夜討曽我はまさに敵討ちの前後の場面。
前場は曽我兄弟が討ち入りを前に、家来の団三郎、鬼王兄弟を帰そうとする涙の別れの場面。後場では敵の工藤祐経を討ち果たしたものの、十郎は討たれ、五郎も頼朝の手の古屋や五郎丸などに攻め立てられて、とうとう絡め取れれてしまいます。



前場ではシテの五郎とツレの十郎、むしろ十郎の方が重い役どころで、両シテ扱いということですね。金井雄資さんの十郎は風格があり堂々たるもの。
団三郎と鬼王がこの場から引き返すように言われ、いっそのこと互いに刺し違えて果てようとするところを、五郎、十郎が止めに入りますが、ここはなかなかの見せ場でした。



工藤祐経を討つ場面はアイの語りで省略され、後場は頼朝の差し向けた討手と五郎の立ち回りになります。このあたりの大胆な処理は能ならではですね。工藤祐経を討つ場面が入ると、流れが複雑になってしまうので、語りで切り上げてしまったということなのでしょう。



シテ高橋亘さん、体が大きいのでどうされるかなと思っていましたが、なかなかにシャープな体の捌きで後場も楽しめました。
小鼓にハプニングがあり驚きましたが、まずは楽しめる能ということでしょう。
ハプニングの話は別ブログに・・・
別ブログはパスワード付です。読んでみたいという奇特な方はメールをお願いします)



曽我物というのは随分と人気があったようで、古くは幸若舞の演目でも人気があったようですし、歌舞伎でも様々に取り上げられていますね。
どうも日本人には敵討ち好きという特性があるようで、忠臣蔵や荒木又右衛門の敵討ちともに、日本三大敵討ちの一つとか。



能では五郎、十郎が母を別れを告げに訪れ、相舞を舞う小袖曽我が人気があるような気がします。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/19-75f07460

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-04 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。