FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

半蔀 本田芳樹(円満井会定例能)

金春流 矢来能楽堂 2006.9.17
 シテ 本田芳樹、ワキ 工藤和哉
  アイ 山本則重
   大鼓 柿原弘和、小鼓 幸正昭
   笛 一噌隆之

円満井会、能の二曲目は半蔀。
主人公は光源氏と契を結んだ夕顔の霊で、作者は室町時代に管領細川家に仕えた内藤左衛門という素人作者と言われています。

夕顔を主人公にした能としては、その名もずばり「夕顔」がありますが、金春・宝生の二流は夕顔を現行曲としていません。そのためか、この二流での半蔀の上演が多いような・・・私が観た回数が多いというだけかもしれませんが・・・気がします。
夕顔は、都五条あたりに住む名前も知られない女ですが、その住処に夕顔があり、この花にちなんで夕顔と呼ばれています。夕顔の花のはかなさが、主人公自身のはかなさを象徴するような印象です。

ワキは雲林院の僧で、夏安居の終わりに立花供養を行っていると、女が現れて夕顔の花を手向けるという、なんとも風情のある始まり方になっています。
半蔀には立花供養という小書きがあって、ワキの出に先立って正先に立花を出し、シテがこの立花に夕顔を挿し入れるという演出があります。
本日は小書き無しなので、何も出さずに、登場したシテは正先に夕顔の枝を置きましたが、形としては立花がある方が自然で、こちらの方がもともとの形であろうと言われています。

ある本には立花供養の小書きは金春以外の四流にあると、解説されていますが、上演回数は少ないものの、金春流でも立花供養の小書きを演じます。昨年、高橋忍さんのシテで拝見しましたが、なかなか風情のある舞台でした。その前は、昭和五十年代に先代宗家の金春信高師が演じたきりとか。

さて曲の進行は明日につづきます
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/190-4fbabb29

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-07 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。