能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

嵐山 猿聟 水上優(時の花「春」)

宝生流 宝生能楽堂 2013.04.27
 シテ 水上優
  姥 藪克徳、木守 和久荘太郎、勝手 高橋憲正
  ワキ 野口能弘、ワキツレ 野口琢弘 吉田祐一
  舅猿 山本東次郎、太郎冠者猿 遠藤博義
  聟猿 山本凜太郎、姫猿 山本泰太郎
  供猿 山本則孝 山本則重 山本則秀 若松隆
   大鼓 柿原光博、小鼓 田邊恭資
   太鼓 梶谷英樹、笛 小野寺竜一

観能記がすっかり滞ってしまいました。久しぶりですが、四月の「時の花」から・・・
「時の花」という宝生会の企画公演、四季折々にちなんで一昨年から始まったこの公演ですが、今回が6回目。春らしく曲は嵐山です。狂言は替で「猿聟」。前々から機会あれば観たいと思っていたのですが、うまい具合にスケジュールが合わず、猿聟は初見です。

さて舞台には、手前両端に桜を立てた「桜ノ一畳台」が運ばれてきて正先に据えられます。桜立木台が出される方が多いと思うのですが・・・私の記憶にある限りでは桜立木台が出る形で観ていますが、流儀によっては桜ノ一畳台が出されることもあるようです。
もっとも同じ宝生流の高橋章さんの演能では桜立木台で観ていますので、もしかすると小書のためなのかもしれません。いずれにしても桜ノ一畳台の方が、さらに春らしい花やかさを感じます。

座付きが吹かれてヒシギ、真ノ次第でワキ臣下とワキツレ従臣が登場してきます。
野口能弘さんのワキ、白大口に紺地の袷狩衣、風折烏帽子の大臣ワキですが、なかなか良い雰囲気です。赤大臣のツレを従えての登場ですが、以前よりも風格が感じられるように思います。檀風の船頭も良かったですが・・・

ともかくも舞台中央で次第、三遍返しでワキの名乗り。「和州吉野の千本の桜は」と一畳台の桜を見込み、道行を謡って嵐山にやって来た風です。
心静かに花を眺めようというワキに、ワキツレが然るべう候と答えて一同はワキ座に着座します。
囃子は真ノ一声で前シテ、前ツレの出になりますが、このつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1901-24df1685

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-09 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad