能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嵐山のつづき

真ノ一声で姿を現したシテ、ツレですが、ツレ姥が無紅唐織着流しに水衣、杉箒を担って先に立ち、白大口に小格子厚板、水衣に杉箒を担ったシテが老人が後に続きます。
ツレ一ノ松、シテ三ノ松で一声、二ノ句と謡い、二人揃って舞台に入りツレが正中、シテは箒を肩から下ろして常座に出「これは嵐山の花を守る」と謡います。

下歌、上歌と謡って立ち位置を入替え、ツレ姥は箒を後見に渡して目付へ。シテは正中に箒を持ったまま立ちます。
ここでワキがシテに声をかけ、如何なる人かと問いかけます。

シテ、ワキの問答から地謡の下歌。二人が勝手木守の二神であることが明かされ、ワキはワキ座に戻って着座します。
地の上歌。ツレが笛座前に下がり、シテは「菜摘の川の水清く」と目付に出、舞台を廻って常座へ。「いざいざ花を守ろうよ」とツレに向いて二足ツメ「春の風は空に満ちて」と正に向き直ると箒を捨てて扇を出し、目付に出て舞台を廻ります。
さらに大小前から正中に出ると「日も既に呉竹の」と笛柱を見込み、常座に進んでワキを向きます。

「明日も三吉野の山桜 立来る雲にうち乗りて」と正中から目付へ出て常座に戻り「南の方に行きにけり」と常座で正を向いて開キ、来序で中入となりました。ツレも合わせて立ち上がっての中入です。

来序の囃子が狂言来序に代わると、通常はアイの末社の神が登場してきますが、今回は猿聟の小書のため、ワキがワキ座より後ろに下がって舞台を空ける形になり、父猿の東次郎さんが登場してきます。
素袍上下で、頭巾にさらに侍烏帽子を着けて登場してくると、都の西、嵐山の猿(マシ)にて候と名乗ります。
さてこのつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1902-dea20682

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-06 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。