能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嵐山さらにさらにつづき

囃子は下リ端、木守が緋の大口に白の長絹、天冠を着け右手に桜の枝を持った女神の姿で出、勝手は金の風折烏帽子を着け、白大口に袷狩衣の男神の姿で、こちらも手には桜の枝。
いつぞやも書きましたが、観世は勝手が女神、子守(木守とは表記も違います)が男神で出ます。このあたりの理由は存じておりません。

さて、二人並んでの相舞で、サシ込み開キ、左右から打込、そして開キと続き二人の同吟から地謡との掛け合い。サシ込み開キした二人は目付に向かう形で進み角トリ。舞台を左に回って常座からサシ込み開キと続けて「万代と」で六拍子。幕方を向くと二人して招き扇の型を見せ、桜を後見に渡すと扇に持ち替えて常座に進み、天女ノ舞の相舞です。

舞上げると大左右、開いて目付に出、袖を返して左へ回ると大小前でサシ込み開キ。サシて出ると「異香薫じて瑞雲たなびき」と幕方を向き、サシ込みして雲扇。蔵王権現を待つ形になって早笛です。

後シテ、赤頭に法被半切の蔵王権現が一度姿を現し、幕内に下がるとあらためて豪快に登場して橋掛り一ノ松で六拍子。舞台に入ると正中から一畳台手前まで出て開キ、台を使いながら豪快な所作を見せます。
地謡の「悪魔降伏の青蓮のまなじりに」で木守、勝手の両神がシテの左右に立ち、さながら「子守勝手蔵王権現 同体異名の姿を見せて」の詞章を現前に現す風情です。
目出度く舞上げ「栄ゆく春こそ久しけれ」と終曲になりました。

この短い後場、実は大変印象が良かったのです。
水上さんはどちらかというとお名前の通り優しい雰囲気のシテで、これまでこういう豪放な曲はどうだろうかと思っていたのですが、蔵王権現らしい法力のみなぎる雰囲気。
後ツレ二人を従えて舞台中央にすっくと立った姿に、なにやら神々しい力を感じた次第です。宝生の嵐山って、こんな曲だったのか・・・とあらためて認識したところです。
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1904-01bc7dae

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-06 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。