能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

橋弁慶 観世銕之丞(銕仙会五月定期公演)

観世流 宝生能楽堂 2013.05.10
 シテ 観世銕之丞
  子方 馬野訓聡
  トモ 安藤貴康、アイ 中村修一
   大鼓 亀井広忠、小鼓 亀井俊一
   笛 藤田朝太郎

しばらく間があいてしまっていますが、出張の帰りがけに寄った五月の銕仙会の様子を記しておこうと思います。
能は橋弁慶と海士。いずれもブログで何度か取り上げているのですが、気になった点など記しておこうと思います。狂言の塗師平六は珍しい上演でもあり、舞台の様子などやや詳しく触れられればと思います。

さてその最初は橋弁慶。7年程前に観世流武田志房さんのシテで鑑賞記を書いていますが今回は銕之丞さんのシテ。堂々たる弁慶です。

まずは白大口に縞目の水衣、角帽子を沙門着けにしたシテ弁慶が、トモ従者を連れて登場してきます。トモは素袍上下で持ち太刀、シテが正中に進みトモは目付に控える形になってシテの名乗りです。

以前の記事にも書いたかと思うのですが、弁慶は宿願の子細あって五條の天神に丑の刻詣りをしており、今日がその満参の日と述べます。この「宿願の子細」が何なのか、この曲では最後まで明かされません。いささか気になるところではありますして、ここにこだわって曲の成り立ちを考えてみるのも面白そうなのですが、とりあえず先に進みます。

五條に向かおうという弁慶に、トモは本日は止めてはどうかと申し述べます。十二、三の少年が小太刀で斬り回り不思議の動きをするので止めるた方が良いとの意見です。
いったんは思いとどまった弁慶ですが、そんな話を聞いて遁げるのは無念だと思い直し、五條に向かうことにします。
正中から幕を見込んで「遅しとこそは待ち居たれ」と早鼓の囃子で退場し、短い前場が終わります。
さてこのつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1905-1a26c617

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。