能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

塗師平六 野村萬斎(銕仙会五月定期公演)

和泉流 宝生能楽堂 2013.05.10
 シテ 野村萬斎
  アド 野村万作、小アド 高野和憲
   大鼓 亀井広忠、小鼓 亀井俊一
   笛 藤田朝太郎

「ぬしへいろく」と読みます。大藏流では「塗師」という曲名のようです。

狂言の中には「舞狂言」とよばれる一群の曲があります。具体的な曲名としては「蛸」や「通円」、「祐善」などといった曲があげられますが、いずれもあまり上演の多くない曲で、これまでこのブログでは「舞狂言」に分類される曲は登場しておりません。
いずれも夢幻能の形式を借りており、シテが亡霊として現れて舞を舞う・・・したがって囃子も入る曲です。
もちろん狂言らしく、亡霊といっても「蛸」はまさに蛸の精が現れ、また「通円」は茶を点てすぎて死んでしまった茶屋の主人であるなど、能の亡霊とは一線を画しています。

これらの曲では、狂言の通例であるシテ、アドではなく、能に倣ってシテの相手役はワキとよばれるなど、まさに能を下敷きとして作られています。能のパスティーシュと言ったら良いのかも知れません。さらに通円などは、明らかに能「頼政」のパロディと言っても良い作りになっています。
こうした舞狂言を巡る話は、調べれば調べるほど興味深い点が出てきそうですが、いずれこうした曲の鑑賞記を書く際に触れるとして、今回は「塗師平六」
実はこの曲、舞狂言には分類されないのですが、舞狂言のパスティーシュと言っても良いような作りの曲です。

舞狂言では夢幻能と同様に、亡霊が仮の姿で現れ、成仏を願って後場で舞を舞う形になっていますが、この曲では生身の人間である平六が、後場でやむを得ない事情ながら幽霊の真似をして舞を舞うことになります。
舞狂言というジャンルが出来上がった後に、それをもとにしてさらに工夫してみました的な仕上がりになっています。

さて実際の舞台の進行は・・・明日につづきます
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1907-09275b29

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。