能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

塗師平六さらにつづき

平六と妻の言い合いで、どうしても師匠を追い返せないという平六に、妻はいまさら師匠にあわせる顔がないから暇をくれと言い出します。
暇をやることはできないが、さりとてどうしても師匠に会いたいという平六に、妻はそれならば幽霊になってお目にかかるようにと言います。

狂言らしいところではありますが、平六は納得して、それならば幽霊らしく取り繕って出ようと言って退場します。ここで中入。
さて座に戻った妻に、師匠は平六の声が聞こえたようだがと言い、妻は幽霊が現れたのだろうと、しばし幽霊話になります。その話の末に二人で鉦鼓を打ちながら供養しようということになり、妻が後見座から鉦鼓を持ち出してきて師匠に渡します。
ここで切戸口から囃子方、地謡が登場して着座し、師匠が正中、妻がやや下がってワキ正側に着座します。

二人は
「旅人は鉦鼓をならし女房と 鉦鼓をならし女房と 平六の亡き跡いざや弔はん 亡き跡いざや弔はん」
と待謡を謡います。謡い終えると師匠がワキ座、妻が地謡座前に目付を向いて下居の形。
狂言一声の囃子で幕が上がり、シテが狂言袴に水衣、黒頭に痩男のような面(狂言面の塗師と思われますが)をかけた幽霊の姿で登場してきて一ノ松に。まさに一声の風で「あら有難の御弔いやな」と謡います。
師匠は「不思議やな平六の姿の影の如くに現れたるは 念仏の功力なるかや有難や」と、能のワキの態です。平六はこれに答えつつ舞台に入って舞う形になります。
「恥ずかしながら餓鬼道の」と謡い、これを地謡が受けて「恥ずかしながら餓鬼道の ぬし(主と塗師をかけたのでしょう)となって・・・」と、あとは書き取れませんでしたが、地獄の様を謡う能に倣いつつも、漆塗りにまつわる道具などを謡い込んでの地謡に、舞あわせる形で留となりました。
「面白い」という訳ではありませんが、趣向を変えて楽しもうという趣旨だったのでしょう。珍しい一曲でした。
(28分:当日の上演時間を記しておきます)
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1909-cfba908d

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad