能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海士のつづき

この後、玉取の様子を見せて欲しいとの求めから玉之段となり、クドキから中入へと続いていきますが、ここも前回の記録と特に変わったところはありません。
いずれにしても玉之段あたりは、この曲が古くは現在の前場の部分だけで演じられていた、というのが納得できるような、面白い部分。清水さんの能は気力充実し、見所も引き込まれる感じです。

シテは懐中から中啓を出して子方に渡し、シオリつつ常座に下がると橋掛りへ進んで中入。一度、一ノ松辺りで振り返ってツメ、海に沈んだ態で下居した後、あらてめて幕に入りました。

中入ではアイ当浦の住人と名乗っての居語り、これも前回の記録と変わりありません。
アイが狂言座に下がるとワキが、子方に手蹟をみるように勧め、子方が中啓を広げて読み上げる形。凜三クン、大きな声で朗々と読み上げます。

地謡から出端の囃子で後シテの出。
後シテは朱地の半切に緑地の舞衣、龍戴をいただき、左手に経巻を持って登場してきます。常座に立って「あらありがたの御弔やな」と謡い出し、地謡の「深達罪福相 遍照於十方」で大小前から正中へと出て腰を下ろし経巻を広げると、読み上げる形です。

地謡との掛け合いで、地謡の「天人所戴仰 龍神咸恭敬 あらありがたの御経やな」で経巻を差し上げると笛の吹き出し。シテは経巻を巻き上げて懐中にしまいます。
これが「懐中之舞」の小書名の由来となったところで、常ならば地謡の最後で経巻を子方に渡して早舞となりますが、この小書では経巻を懐中に早舞を舞う形になります。

立ち上がったシテは常座に向かい、子方を見つつ三足ほど出、シオルと下がって合掌。早舞の舞出しです。五段に舞う内の四段の最後で経巻を子方に渡す型が入り、子方は床几を下りて経巻を広げます。
この後は常の形と大きくは違いませんが、この曲自体の面白さ、シテの技量、見所の雰囲気、思わず引き込まれた一番でした。
(93分:当日の上演時間を記しておきます)
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1911-018625ee

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。