能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

右近さらにさらにつづき

ロンギ、シテが桜葉の宮、紅梅殿、老松の社、御輿岡と名所を教える形です。紅梅殿や老松を示すあたりで目付に出て「緑より明け初めて」とワキ正の方を向いて開キ。
さらに地謡で角トリすると「紫野行き標野行き 野守は見ずや 君が袖」と額田王の歌をもとにした謡にあわせ舞台を廻り、大小前から正先へ打込。さらに舞台を廻って「右近の馬場わたり神幸ぞ尊かりける」と、常座からワキを向いて正中までツメ着座します。

ワキは詳しく語られた社々の本地を教えてほしいと求め、シテはこのやり取りの内に自らが桜葉の神であることを明かします。
地謡「天照神にては桜の宮と現れ」で立ち上がると正先にサシ込み開キ、舞台を細かく廻りつつ常座で小回り。正面に向き直ると「花に隠れ失せにけり」と来序で中入となりました。

囃子が狂言来序に代わり、括り袴に素袍、士烏帽子姿のアイが登場してきます。
アイは北野あたりに住まいする者と名乗りますが、この曲のアイは今回のような所の者の場合と末社の神で出る場合とあるようです。
狂言来序だと末社が出てくる方がおさまりが良い感じがします。囃子で出てきたものの、常の所の者と同様に名乗りの後、正中に出て着座し、ワキと問答の末に居語りにて桜葉の神のことなどを語ります。

この所に於いて桜葉の明神と申すは当社の末社であるが、目出度き謂われが多々ある。
春になると伊勢の天照大神がこの地に影向なさる。総じて花は時節を違えず咲くものだが、当社は日を違えても、天照大神が影向されなければ咲かず、影向あれば一夜のうちに咲くということだ。
またこの地の桜は歌に詠まれた桜であり、業平が女の花見車を見て「見ずもあらず・・・」と歌を詠まれた。右近のひをりの日と言い習わしてきた次第である。

といいたことを語り狂言座に下がります。
これを受けてワキの待謡となりますが、このつづきはもう一日明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1915-dd31368c

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-06 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。