能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

右近もう一日のつづき

ワキ、ワキツレの三人が立ち上がり、舞台中央で向かい合っての待謡。「真なりけりありがたや」と謡って一同ワキ座に下がります。

出端で後シテの出。緋の大口に金糸の入った薄紫の舞衣。天冠を着けて登場してきます。常座まで出て開キ、謡い出しです。地謡が受け、さらにシテが大ノリの謡で「ここに北野の神の宮居に」と謡い、地謡が「花桜葉の神と現れ」と謡うなか、左右から大小前で答拝して中ノ舞になります。

舞は軽やかな雰囲気。同じ中ノ舞でも、男女の情愛を描く曲とはずいぶん位が違う感じです。天女ノ舞を思い起こさせるような舞を舞上げて地謡。「月も照り添う花の袖」と謡うにあわせ、大小前大左右からワキ正へ。舞台を大きく回りつつ大小前に戻り破ノ舞。

春の花の精と言っても良いような軽やかな舞をサラサラと舞って大小前「治まる都の花盛り」とシテの謡。
地謡が続けて謡います。シテは「御池の見ずに御影を映し」と目付に出て、扇をカザシ水面を覗き込む形。さらに舞台回って常座で左右、七つ拍子踏んで正面に向かい雲扇。
下がって右に回り、目付から正中、常座へと進み、小回りして袖を返し、留の拍子を踏みました。

澤田さんはたしか京都ご在住だったかと思いますので、北野の雰囲気もよくご存じなのでしょうね。春の脇能らしい心地よい雰囲気のまま一曲を終えました。

私は、脇能の祝言性が好きでして、ドラマ的でない能も能ならでは・・・の楽しみではないかと思っています。振り返って、何かドラマがあったわけでもない一曲ですが、気分を楽しんだと、そんな感じがしたところです。
(77分:当日の上演時間を記しておきます)
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1916-311f0317

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-06 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。