能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

盆山のつづき

さて、垣根を越えて忍び込んだ形のシテ、ワキ座から正先、目付と、数多の盆山を見つけた様子で、感心します。

そこに太刀を持ったアド有徳人の万蔵さんが登場し、一ノ松あたりで「盗人が入ったか」と言い、さらに目付まで出てきます。
シテは慌ててワキ座のあたりで、盆山の蔭に隠れようと言って片膝をつき袖を上げて隠れる形になります。

しかし盆山に隠れられるわけもなし、アドは隠れたつもりのシテを見て常座に下がり、散々に嬲って帰そうと存ずると言います。
そしてシテの方に向かって、あれは何じゃ、人かと思ったら人ではないそうな、犬じゃ・・・などと言います。犬ならば鳴きそうなものだと言うと、シテは鳴き真似をせずばなるまいと言って「びょうびょうびょう」と犬の鳴き真似をします。
狂言では犬が「びょうびょう」と鳴きますが、このあたりは時代の違いを感じて面白いところです。

シテがひとしきり鳴き真似をすると、アドはさらに嬲ってやろうと「犬ではない猿じゃ」と言い出します。「猿ならば身せせりをして鳴きそうなものだが」とアドが言い、シテはやむなく猿の真似をして、今度は「きゃあきゃあ」と鳴き真似です。

さらにアドはシテを嬲り「あれは猿でもない あれは鯛じゃ」と言い出します。まさか鯛が庭に居るはずもありませんが、そう言われたシテは「ヒレを立てそうなものじゃ」と言われて扇を背に立てる形をし、さらに「鳴きそうなものじゃ」と言われて鳴き真似をしようとしますが、鯛の鳴き声が分かりません。アドから迫られて苦し紛れに「たい たい」と言いながら逃げ、アドが追い込んで終曲となりました。

柿山伏なども、散々に真似をさせたりしますが、短時間ながら楽しい、ある意味、狂言らしい狂言でした。
(10分:当日の上演時間を記しておきます)
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1918-768a2e5e

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad