能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

雷電のつづき

ワキは比叡山延暦寺の座主、法性坊の僧正と謡い、天下ご祈祷のため百座の護摩を焚いてきたが本日が満参なので、仁王会を執り行う旨を述べます。

このワキの言葉を聞いて、ワキツレ一同立ち上がり、ワキ座に進んでワキは床几に、ワキツレは控えて下居します。

床几に腰を下ろしたワキはサシを謡い出し、途中「名にし負う比叡の御嶽の秋なれや・・・」から、ワキツレがあわせて謡います。この謡のうちに前シテが幕を出て橋掛りを進みます。
黒頭の童子姿で箔を腰巻にし浅葱の水衣を着けて歩み、ワキ・ワキツレの「人を洩らさぬ誓なれ」を聞いて、一ノ松で謡い出しとなります。

比叡山の法の力で願いを叶えて欲しいと謡い「中門の扉を敲きけり」とシテ柱の方を向いて門に至った風です。
ワキは、真夜中というのに戸を敲く音がすると不思議がりますが、重ねて扉を敲く音に物陰から見れば、かねて知る菅丞相であることに驚きます。シテ、ワキと謡が続き、ワキは一度立ち上がり、シテもシテ柱に迫って地謡に。
ワキはワキ座に戻って腰を下ろし、シテは橋掛りを進んで常座からさらに正中まで出て腰を下ろします。二人は「逢瀬とこれを思はめや」という地謡の謡う詞章そのままに、向き合って語り合う風情になります。

ワキはシテに、御身が筑紫で果てたと聞き様々に弔いしたが届いただろうかと尋ねます。シテはこれを感謝し、二人掛け合いで、師弟、主従、親子の契りの三悌をあげ、中でも師弟の約が最も真実の志が深いと謡います。

地謡が続けてクセになります。
クセは居グセで、僧正と丞相の師弟の契りが謡われ、二人向き合ってその昔に思いを馳せる風になります。
しかし地謡の後、シテは正面に向きつつ、自らが死んで後「梵天帝釈の隣を蒙り 雷鳴となり内裏に飛び入り 我に憂かりし雲客を蹴殺すべし」と物騒なことを言い出します。
さてこのつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1920-1dd9d952

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad