能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雷電さらにさらにつづき

アイが退場すると、後見が一畳台を持って出ます。
まずワキ座前に一台を縦長に置き、さらにもう一台を持ち出してワキ正側にやはり縦長に据え付けます。正先を挟んで両側に前後に長く一畳台が並ぶ形です。

後ワキは白大口に水衣を着け、掛絡をかけて沙門帽子を被り登場してきます。
ワキ座側の一畳台に乗ると、正面を向いて数珠を揉み出し「さても僧正は紫宸殿に座し・・・」と謡い出し。数珠揉んで普門品を唱えたと謡うと地謡になり、黒雲が吹き塞がって闇夜のようになった内裏が(普門品の功徳で)にわかに晴れて明るくなったと謡います。
この様子に油断したとワキが謡うと、地謡が虚空に黒雲が覆い雷が四方にひらめく様を謡います。ゆったりした謡い出しの内に、後シテは衣被いて幕を出、橋掛りを進んで一ノ松で正面方を向きます。
「雷の姿は 現れたり」で一ノ松にスッと寄り衣を後ろに落として、法被、半切に赤頭の姿を現します。

ワキはシテ菅丞相に、昨日までは君恩を蒙る臣下であった身、静まるようにと言いますが、シテは「あら愚かや僧正よ」と言葉をかけ、自分を見放す以上は僧正であるとも恐れないと開キ、一ノ松に向かってシカケ開キして、地謡が続けます。

「思い知らせん人々よ」の謡い出しで足拍子を踏み、さらに繰り返す謡に六拍子を踏んで幕方を見、向きを変えて舞台に向かいます。
一畳台の前を通ってワキの横から大小前へ。小回りして出ると正中で六拍子、踏み返し。「紫宸殿に僧正あれば」で台上に飛び上がり、開いて四拍子。台を下りると「清涼殿に移り給えば」と橋掛りへ進みます。
謡に合わせて舞台に戻り雷神の勢いを見せますが、帝が天満自在天神と贈官を菅丞相に下されたとの謡に、手を突いて頭を下げ、立ち上がると橋掛りへ進んで三ノ松へ。
「黒雲にうち乗って虚空にあがらせ給いけり」と三ノ松で留拍子を踏んで終曲となりました。
以前、同じ喜多流の替装束の小書付で観たことがありますが、装束だけでなく、所作にも変化があったようでした。
いずれにしても、お若いシテの元気ある舞台で、興味深く拝見しました。
附け祝言は高砂・・・千秋楽も久しぶりに聞いたような気がします。
(56分:当日の上演時間を記しておきます)
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1922-7d3aea3d

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-06 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。