能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

逆矛さらにさらにつづき

アイが狂言座に下がると囃子が入り、ワキ・ワキツレの三人は舞台中央に向き合って待謡となります。「異香薫ずる有難や」の謡から出端の囃子、後ツレ天女の出です。

天女は紫の色大口に朱の舞衣、天冠を着けて橋掛りを進み、地謡「楽にひかれて」の謡い出しで一ノ松に立ちます。一度正面を向いて両袖の褄を取った後、地謡を聞きつつ常座へ進んで答拝し、天女ノ舞です。
三段に舞上げてツレ天女が笛座に下がると、作り物の中からシテの謡い出し。「抑もこれは天の御矛を守護し奉る瀧祭の神、和光に出でて龍田の神」と謡って地謡との掛け合い。さらに地謡が大ノリで「拍手響く山の雲霧・・・」と謡い出し、「光の如くに」で引廻しが下ろされ「天の御矛は現れたり」と、赤頭に小べし見、唐冠を着け、紺地に金の半切、白の袷狩衣を衣紋付けに着て、右手に矛を持った後シテが姿を現します。

矛は、長刀に似た体裁で先が真っ直ぐに両刃の形になったもの。この曲と項羽くらいですか、滅多に出てこない道具です。観世流と他の流儀では形が違うらしいのですが、詳しいことは分かりません。

シテは床几に腰を下ろしたままノットの囃子から「抑も大日本国と云っぱ神国たり」と謡い出します。地謡と掛け合いで謡いつつ、矛を先に延ばし、また手許に寄せ「青海原を攪き分け撹き分け」と差し出した矛で掻き回す様を見せます。「矛の滴り凝り固まって」と矛の先を少し上げ雫の滴り落ちるのを見る形。
シテは「まず淡路島」と謡って矛を直し、立ち上がって作り物を出ると、サシ込み開キ、サシて目付へ向かい、ここから常座へ、さらに小回りして出ると矛を両手で捧げ舞働になります。

別に何かと戦う訳ではありませんが、矛を捌きつつの舞働は小気味よい動きで、荒ぶる神の力を示すようです。
さてこのつづき、もう一日明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1926-319f8ed9

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-07 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。