能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水無月祓さらにつづき

カケリの後、常座にてシテは「恋路をただす神ならば」と謡い、二ツ拍子踏んでワキ正に詰めます。地謡が続けて謡い、シテは舞台を廻って常座に立ち、サシ謡。
一声での登場の後、シテは思う人を訪ねて都に上り、賀茂の御手洗川にやって来てたことを謡い、ワキの探しているのは私ですよ・・・と言わんばかりの詞章です。

シテサシから地の下歌、上歌と続き、シテは二、三足出ると麻の小枝を差し出して開キ、拍子踏んで右へ流し、戻して正へサシ込み開キ、舞台を廻って常座から「頼みを懸けて憂き人に」とワキ正方へ思いを込める風。戻って大小前で回り「賀茂の河原に着きにけり」と常座に立ち、一度後ろを向きます。

アイが立ち上がり、ワキに向かって先ほど言った女物狂いはこの女性だと示します。
アイはそのまま切戸口から退場しますが、ワキはシテに向かい夏越の祓の謂われを聞かせて欲しいと求めます。
シテは、自らは狂人だけれども祓の謂われを聞かせましょうと言って語になります。

天照大神の皇孫をこの国の主と定めたものの、荒ぶる神が飛満ちていたので、事代主の神が和め祓いしたのが夏越の始めであり、古歌にも「五月蝿なすあらぶる神もおし並めて 今日は夏越の祓なるらん」とある。五月蝿なすとは、夏の蝿の飛び騒ぐように、障りをなす神を言うのだと語り、「かかる畏き祓とも 思い給わで世の人の」と謡いかけてワキとの掛け合いになります。

シテ「今みな盡きぬ ワキ「時を得て 地「水無月の 水無月の 夏越の祓する人は・・・」と続き、シテは地謡の頭で六拍子、踏み返し、正に出て下を向き、「輪は越えたり」の謡に二足でゆっくり輪を越える型を見せます。舞台を左に回り、大小前からワキに向いて「もし悪しき友あらば祓い除けて」と詞章に合わせて麻の小枝で祓いつつ正先に出ます。
正先に暫し佇んだ後、目付に向き、一度ワキを向くと「この輪を先ず越えて」と麻の枝を差し出してツメ、下がってサシ込み開キ。クセのような展開で謡い舞いが続き、打ち込んでシテの「神山の 二葉あおい年ふりて」の謡。開いて大左右、正先へ打ち込んで開キ、舞台を廻って「麻の葉の青和幣」と両手で麻の枝を持ち、大小前から正先に出て下居、中腰の形で「この賀茂の神に参らん」と合掌します。
さてこのつづき、もう一日明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1932-c1242a81

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-06 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。