能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

通小町 雨夜之伝 関根祥六(観世会定期能)

観世流 観世能楽堂 2013.09.01
 シテ 関根祥六、ツレ 武田尚浩
  ワキ 野口敦弘
   大鼓 國川純、小鼓 幸清次郎
   笛 寺井久八郎

なんだか穏やかな笛の音、と名宣笛に聴き入ってしまったのですが、この曲はシテ、ツレが執心深い姿を見せるだけに、ワキはより穏やかに演じる方が良いのでしょうね。
登場したワキ僧の野口敦弘さんも、常座での名乗りは気負いの無い印象です。

ともかくも八瀬の山里に一夏を送る僧、毎日木の実爪木を持ってくる女を待つことにします。ヒシギから次第、囃子を聞いてやがてツレの登場です。
武田尚浩さんの舞台は久しぶりです。本日のツレは無紅唐織着流し・・・全般に黄色がかった、まるで白の布地がやや黄色味のある照明に照らされたそのままのような微妙な色合いで、中年の女性を表すような雰囲気。面は深井か・・・中年の面持ちです。左手に籠を持ち、常座に出て次第謡。

八瀬の山里にお出での尊き人に今日も木の実爪木を持ってきたと言い、正中に腰を下ろして左手を伸べ籠を差し出す風です。
ワキが声をかけて木の実の数々を物語るようにと求め、ツレは籠を下ろして地謡との掛け合いに木の実尽くしを謡います。

ワキがあらためて、木の実の数々は承ったが、さて彼方は如何なる人か名乗るようにと求めます。
ツレは正に直して「恥ずかしや己が名を」と謡い出し、地謡が「小野とは言はじ」と受けて謡い出すと立ち上がって常座へ。さらにワキを見込んで「跡弔ひ給へ」とツメて下がり、右へ小さく回ると常座でやや腰をかがめる風、直して「かき消すように失せにけり」と中入りしました。
このつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1937-3ed72992

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。