能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

通小町さらにつづき

ツレが喜びの心で受戒を乞う旨を謡うと、幕内からワキ僧に戒を授けず立ち去るようにというシテの謡が聞こえてきます。
ツレは幕方に向き直りシテに恨み言を述べる風ですが、幕内からはさらにシテの謡が続きロンギ。シテが「共に戒を受け給へ」と謡うと、ツレはワキに向かい「出でてお僧に弔はれんと」と少し正に出、さらに「薄押し分け出でければ」とワキに向かって詰めます。

幕が上がってシテは「褁(つつ)めども我も穂に出でて」と謡い、ようやく橋掛りに姿を現します。
黒頭に面は痩男か、白練モギドウ、指貫の装束での登場です。

シテの装束は演出によって様々ですが、小書無しの場合は白大口に水衣、熨斗目を被いて出る形が多いように思います。
シテは「さらば煩悩の」と橋掛りを進み、「犬となって 打たるると離れじ」とシテ柱に到ります。「恐ろしの姿や」と謡うツレに寄り「袂を取って 引き止むる」と右手でツレの袖を取り、左手をツレの肩に載せて執心の強さを見せます。

ツレ、シテと謡って地謡に、シテは手を離して「深草の少将」と二人ともどもにワキに向く形になります。
ワキは二人が小野小町と四位の少将であると知り、百夜通いの様を見せてくれるようにと言います。ツレは答えて謡いつつワキ座に進んで着座し、シテは百夜通いの様を見せる様になります。
「君をおもへば徒歩跣足」とツレを見、後ろを向いて常座に戻ると後見から笠を受け取ります。
小書、雨夜之伝ではこの笠を持って舞うところが特徴ですが、このつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1939-216fb15e

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad