能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

通小町さらにさらにつづき

ツレの謡「さてその姿は」に、シテは「笠に蓑」と笠を一度上げて下ろし、ツレ「さて雪には」の謡には「袖をうち払い」と左手を出して雪を払う様を見せます。
正に直して笠を着け、さらに「身一人に降る 涙の雨か」と外した笠を差し出して三四足。笠を下げて足拍子を踏み立廻りです。

両手で笠を頂いて目付に出ると左へと回ります。
正中から常座に向き思いを込めると、再び歩み出して橋掛りへと進みます。一ノ松にて笠を捨て下居。暫しの後、笠を取り正に向いて笠を構えると「かように心を 尽くし尽くして」と謡い出します。
シテの謡「あら暗やの夜や」からノリ地の「あかつきは・・・獨人寝ならば 辛からじ」までを略しての展開です。

いつぞや銕仙会の山本さんがなさった雨夜之伝では橋掛りに入らず、立廻りを笠を使って舞いつつも、それ以外は常の型のような演出をとられましたが、この日の祥六先生の演出の方が観世の雨夜之伝としては普通の形のようです。

ここから仕舞でもよく舞われるところ「榻の数々 よみて見たれば」と左手をあげ「九十九夜なり」と指を折って数えて小指を残し、立ち上がると舞台に向かいます。

シテ柱から「姿は如何に」と常座、さらに正中ややワキ正寄りに出て「笠も見苦し」と笠を捨てると扇を出し「蓑も脱ぎ捨て」と低く上扇。
左右、打込「裏紫の」と開いて「藤袴」と左手で紫の指貫を取る型。

「あら忙がしや」と数足出て常座方を見込み、「衣紋けたかく引きつくろい」と下がって左右、拍子を踏みます。
ここで謡は一転して飲酒戒の話になり、扇を左にとって六足程出ると、扇を差し出して下居。「戒ならば保たんと」と抱え扇の型から立ち上がり、左から小さく回って正中で「多くの罪を滅して」と羽根扇。ツレも立ち上がり、シテが常座、ツレが笛座に「小野小町も少将も 共に仏道成りにけり」と並んで合掌。地謡が繰り返す中、合掌の手を下ろすと二人並んで立ったままの終曲となりました。
見応えある一曲でした。
(60分:当日の上演時間を記しておきます)
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1940-bdc821e1

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad