能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

遊行柳 青柳之舞(観世会定期能)

観世流 観世能楽堂 2013.09.01
 シテ 観世清和
  ワキ 森常好、アイ 大藏吉次郎
   大鼓 亀井忠雄、小鼓 鵜澤洋太郎
   笛 一噌仙幸、太鼓 小寺佐七

いささか間が開きましたが、9月の観世会、清和さんの遊行柳です。
観世小次郎信光の作とされるこの曲、多分に西行桜を意識して作られたようで、いずれも太鼓入り序ノ舞を老体のシテが舞う三番目の曲です。

信光は世阿弥の甥である音阿弥元重の第七子といわれ、主には観世座の大鼓方として活躍したらしいのですが、ワキや、場合によってはシテとしても舞台に上がっていたようで、能作者としても知られます。船弁慶や紅葉狩など、現在でもよく演じられる曲の作者とされており、観世座を支えた重要な人物だったようです。

この遊行柳は小次郎最晩年の作と言われますが、西行桜との対比でみると、この曲独特の雰囲気も感じられるところです。今回はさらに青柳之舞の小書が付き、序ノ舞の形が変わるなどの変化が見られました。

さて舞台には柳の枝を指して、柳の塚と思しき作り物が出され、大小前に据えられます。引廻しは水浅葱とでも言ったら良いのか、薄い鼠色に浅葱がかかったような微妙な色合いです。老木を感じさせるということでしょうか。

次第の囃子は仙幸さんの柔らかい笛の音で、角帽子の大口僧姿のワキがワキツレを従えて登場してきます。向かい合っての次第謡の後、ワキの名乗り。一遍上人の教えを受けた聖と名乗り、六十万人決定往生の御札を遍く衆生に与えようと諸国を回っており、この度は上総国から奥へ下ろうと思う旨を述べます。
道行では、歩みを進めて奥州白河の関に到ったことが謡われ、ワキは着きゼリフを述べてワキ座に向かいます。
さてこのつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1942-6de9ae50

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-07 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad