能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遊行柳さらにさらにつづき

ワキ一行は着座のまま待謡を謡います。
続いて出端の囃子。作り物の中からシテの謡い出しです。さらに一セイ「徒らに 朽木の柳時を得て」を謡って地謡「今ぞ御法に合竹の」シテ「直に導く 弥陀の教へ」と続きます。シテは伸びやかで力強い謡。

大ノリの地謡となり「老木の柳の」あたりで後見が引廻しに手をかけて「忽然と現れ出でたる」で引廻しが下ろされ、床几に腰を下ろした後シテが、白垂に風折烏帽子、茶の狩衣に緑の色大口の姿を現します。老木の精という次第。

ワキとの掛け合いになり、ワキ「弥陀の教へを」シテ「身に受けて」で太鼓打ち出し、地の上歌「此界一人念仏名 西方便有一蓮生」でシテが立ち上がります。
作り物を出ると右を向き、常座からやや正中寄りに下居、ワキを向いて「上品上生に 到らん事ぞ嬉しき」と合掌します。

正面に向き直りシテの謡。続く地のクリで立ち上がったシテはゆっくりと大小前に進み、サシ。さらにクセへと謡が続き、柳の故事が謡われます。
ものの本によると、このクリの冒頭の部分では、シテが「釈迦既に滅し 弥勒未だ生ぜず」と天竺にまつわる謡。サシでは黄帝に仕え柳の葉に蜘蛛の乗るのを見て船を発明したという貨狄や、玄宗皇帝の華清宮で名木と言われた楊柳のことなど、中国にまつわる謡。さらにクセは清水寺楊柳観音を始め本朝の柳の謡と、三国伝来的な発想で謡が組み立てられているとあります。

なるほどそんなものか、と思いつつ謡を追いかけていると、クセは舞グセで、冒頭で二足程下がって正面を向き、一度右に受けた後「尋ね上りし水上に 金色の光さす」と正面に直して足拍子を一つ。そこから出てサシ込み開キとクセの基本的な形をなぞります。
老体の舞ということで、上げ端の後、左右から打込、開キ、さらに舞台を廻るなどした後「これは老いたる柳色の」と四拍子踏んで左袖を返し「狩衣も風折も」と正面に直して返した袖を見込み、袖を直してサシ。
目付に出ると扇をカザシ、舞台を廻りますが「老木の柳気力なうしてよわよわと」と常座のやや前あたりから、タラタラと下がって「現と見るぞはかなき」と作り物に左手を差し伸べて立ち、クセを終えます。
このつづきもう一日明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1945-902f25c4

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。