能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遊行柳もう一日のつづき

太鼓コイ合、シテの拍不合の謡「教へ嬉しき法の道」地「迷はぬ月に 連れて行かん」でシテは後見に向き装束を直して序ノ舞の舞出し。

青柳之舞の小書は、この序ノ舞の型が変わるのが一番大きな変化。ゆったりと序ノ舞が舞われますが、二段で扇を逆手に取ると、型通り二度目で開キ、ヲロシになってぐっと沈み込む型から正面に向かって扇を出し、舞台を右に回ります。目付から正中へ開いてサシ、さらに舞台を目付へ。沈み込んで行きカカリ、袖を直して小さく回り、常座へ向かうと小回りして打込「青柳に うぐひす伝ふ 羽風の舞」とワカ。序ノ舞舞上げです。

ワカの終わりに上扇、左右、打込開キと、続け、地謡との掛け合い。シテの謡「上人の御法を受け」とワキを向き「喜ぶ」の次から大ノリに「報謝の舞も」と正中まで出て開キ下居。「名残の涙」と左手出してシオリます。

「木綿附の鳥も啼き」と正へ直して立ち上がり、サシ込み開キ。
地謡「手折るは青柳の」と目付へ出て両手合わせ、扇を左にとって舞台を廻り「枝もすくなく」と塚を見込みます。老体の態で「漂ふ足もとも よろよろよわよわと」と正中からタラタラと下がって、抱え扇して「仮寝の床の」と座します。
「草の枕の一夜の契りも」と枕扇から腰浮かせて立ち上がり、「他生の縁ある上人の御法」とワキ向いてワキと見合う形。「西吹く秋の風」と右手を挙げて幕方を見「うち払い」と返して羽根扇。開いてサシ、目付から塚を見込みます。

さらに「露も木の葉も」と左袖被きつつ作り物に入り「残る朽木となりにけり」とゆっくりと沈み込む形になり留。あらためて作り物を出て立ち、袖を直して退場となりました。

老体の柳の精ということですが、実に典雅な味わいある一番でした。予想外に面白く上演時間の長さを感じずに観てしまったという印象です。
(116分:当日の上演時間を記しておきます)
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1946-c8dbde8b

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。