能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

梅枝さらにさらにつづき

アイが下がるとワキ、ワキツレの三人が立ち上がり、ワキ座前に出て正面に向かい、ワキが前に、その左右後方にワキツレが並んで雁行の形で下居。ワキのサシ「それ仏法様々なりと申せども 法華はこれ最第一」ワキツレ「三世の諸仏の出世の本懐 衆生成仏の直道なり」ワキ「なかんづく女人成仏疑いあるべからず」と謡い、ワキは中啓を置いて数珠を取り合掌します。

ワキ、ワキツレ三人の謡から地謡に。ゆっくりした運びで仏法の功徳が謡われ、ワキの一行は合掌を解くと、気を変えて「あるいは若有聞法者」と謡い地謡に。一同は立ち上がってワキ座に着座。幕が上がり、唐織腰巻に舞衣を壺折にし、鳥兜を被った後シテが地謡の中、舞台に向かい歩み出します。シテは橋掛りを進み「夢か現か見たりともなき姿かな」と常座まで出て佇みます。

ワキはシテの出に、女性であるのに舞の衣装を着てさながら夫のようである、さては富士の妻の幽霊かと謡います。シテは大小前に歩みつつ「げにや碧玉の寒き芦」と謡い出し、大小前で正面を向いて腰を下ろしシオリます。
クドキの詞章「妙なる法の受持に逢はば 変成男子の姿とは などや御覧じ給はぬぞ」は、夫の装束を纏って出てきた執心の幽霊ではなく、男装であるのも悟りを開く変成男子の姿と見て欲しい・・・ほどの意味でしょうけれども、とは言え悟りを開いたという訳でもなく、続く地謡で自らの昔を懺悔に語ろうと謡って、執心の様を示す形になります。

地謡「憂かりし身の昔を懺悔に語り申さん」を聞き「さるにても我ながら」で立ち上がったシテは、足拍子を踏むと「ゆひかひなくも恋衣の」でシカケ、扇を上げると「夫の形見を戴き」と鳥兜を差し、開キ。太鼓に寄ると「常には打ちしこの太鼓の」と打込、開キ。目付に進んで角トリ、舞台を廻って「残る執心を晴らしつつ」と大小前に、正面に向いてシカケ開キ、左右、打込、扇広げて「思ひ出でたる一念の」と上扇です。

続いて地謡の「起こるは病となりつつ・・・」と大左右、打込とクセの型をなぞりつつ舞台を廻り、「契麻衣の片思ひ執心を助け給へや」と左右、打込してワキを向きます。
さてこのつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1960-a46a7867

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad