能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

土蜘蛛のつづき

前シテは一セイの後、一ノ松から「いかに頼光」と声をかけ、頼光が答えると「愚かの仰せ候や・・・」と言いつつ「来べき宵なりささがにの」で橋掛りを歩み出して、舞台に向かいます。

上掛の本とはシテと頼光の詞章の配りがいささか異なり、頼光「蜘の振舞かねてより 知らぬというに猶近づく」でシテはシテ柱あたり。シテ「姿はチチウ(蜘蛛)のごとくなるが」で常座からワキ座を見込み、頼光「かくるや千筋の糸筋に」でシテが正中に向けて巣糸をかけます。

シテ「五体をつづめ」頼光「身を苦しむる」で地謡に。
頼光は肩脱ぎになり、立ち上がって太刀を抜き一畳台から飛んで下りますが、ここにシテが巣糸を投げかけ、これを太刀で薙ぎ払う型。・・・実際はうまく太刀に絡めるようにすくい取って、蜘蛛の巣糸がかかった様が強調されるような動きです。

シテと頼光の攻め合いで巣糸が何度か投げられ、地謡の最後「形はきえて失せにけり」で頼光が常座まで追うと、一ノ松まで逃れたシテが最後に巣糸を一投げして退場します。

代わって早鼓のうちにワキ独武者の大日向さんが、白大口に掛け素袍、士烏帽子の姿で登場します。火急の事態に急ぎ駆けつけたという様子で常座に。「御声の高く聞こえ候ほどに馳せ参じて候」と声をかけます。

頼光は一畳台のワキ正側に腰をかけ、先ほどの様子を語ります。
シテの語りを聞いたワキは、太刀つけのあとを見ると血が流れているので、この後を辿って化け物を退治しようと言い、早鼓で走り入ります。
頼光と太刀持も続いて退場し、代わってアイ独武者に仕える下人が、括り袴に肩衣を肩脱ぎにし、右手に持った杖を突きつつ登場してきます。
常座に出て立ちシャベリ。これまでの経緯を述べ、触れをしての退場です。

アイが退場すると一畳台が下げられ、代わって緑の引廻しを掛けた塚の作り物が運び出されて大小前に据えられます。
以前の鑑賞記では、一畳台が大小前に動かされて、その上に塚が置かれる演出でした。

さてこのつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1964-5705705a

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。