能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

巻絹 片山九郎右衞門(銕仙会定期公演)

観世流 宝生能楽堂 2013.11.08
 シテ 片山九郎右衞門、ツレ 観世淳夫
  ワキ 大日向寛、アイ 内藤連
   大鼓 原岡一之、小鼓 田邊恭資
   笛 藤田次郎、太鼓 桜井均

このところ慌ただしく、銕仙会を観たのも一月以上も前になってしまったのですが、久しぶりに鑑賞記を書いてみようと思い立ちました。

さて九郎右衞門さんの巻絹ですが、一月以上も経っているのに、流麗な神楽の様子が目に焼き付いている感じです。
巻絹はこのブログでは既に四度ほど鑑賞記を書いておりまして、神楽についてもその都度に思うところを書いてきました。
観世流関根祥人さんの神楽留の小書付(鑑賞記初日月リンク
同じく観世流浅見真州さんで、こちらは諸神楽の小書付(鑑賞記初日月リンク
さらに金剛流工藤寛さんの演能(鑑賞記初日月リンク
そして喜多流友枝昭世さんの演能(鑑賞記初日月リンク
と、以上四番です。小書はもっぱら神楽の扱いと装束にかかるものですので、小書が付いても付かなくても、基本的な能の演出自体にはさほどの違いはありません。そういう意味では、今回の小書無し観世流の巻絹も、演出上で特筆すべきものはありませんが、そう言ってしまうには惜しい位の素敵な舞台でした。

名宣笛で登場したワキ大日向さんの名乗りも、なかなかに良い感じ。前々から気になるワキ方ですが、このところ風格を増した印象を受けます。
続いてツレ淳夫さん。白大口に黒地の掛素袍が映えます。「音なしの天神へ参らばやと思ひ候」と二足程出て「や」と、梅の香に気付くあたりも自然な雰囲気です。着実に経験を積まれている様子を感じました。

その後の様子など、明日につづきます
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1967-73c14b44

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad