能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

巻絹のつづき

期限に遅れて到着したツレを、アイが縛めてシテの登場となります。
呼び掛けの穏やかな声からシテの出。緋大口に白の水衣を肩上げにし、木綿襷をかけて御幣を右手に、橋掛りを進みます。小書無しの標準的な装束で舞台に入ると、「引き立て解かんとこの手を見れば」と常座から二足程ツメて、ツレの様子を見込む形。

「なさけなや」と下がってシオリ、ワキとの問答です。
ツレが音無の天神で歌を詠んだ経緯を巡るやり取りから地謡に。「曇らぬ神慮」と目付柱の方に出ると、ワキ、ツレと見込み、「神の通力と知るなれば」と常座に戻って後ろを向くと、後見に御幣を渡してツレに寄ります。
「打ち解けこの縄を」でツレの縄を解き、その場に座します。

クリの謡になり、シテは立ち上がると常座で扇を受け取り、大小前に進んでサシ。
「眠はるかに眼を去る」とユウケンし、クセに入ります。
舞グセですが、実は九郎右衞門さんのシテを拝見するのは初めてでして、このクセあたりから所作の美しさ、舞の優雅さに見とれてしまった次第です。
九郎右衞門を襲名される以前から、地謡など舞台上では何度も見かけておりましたが、なぜもっと早くから拝見しなかったのか・・・と。

ともかくもクセの終わり、七つ拍子を踏んで左右からワキを向き、ワキの「さあらば祝詞を参らせられ候ひて」の勧めに、後見座を向いて腰を下ろし、幣を受け取ると立ち上がって正面に向き直ります。

幣を両手で捧げてワキ正に出て下居。「謹上再拝」と幣を振り、膝に立てると「そもそも当山は」の謡。地謡が「されば御嶽は金剛界の曼荼羅」と謡うと、立ち上がって「華蔵世界 熊野は胎蔵界」と謡いつつ幣を右手に取り、一度後ろを向いたのち常座で正に直し、下がりつつ幣を戴いて神楽です。
このつづき、もう一日書いてみようと思います
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1968-61db97c4

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-06 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。