能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

碇潜(禅鳳本による) 浅見真州(銕仙会定期公演)

観世流 宝生能楽堂 2013.11.08
 シテ 浅見真州、前ツレ 浅見慈一 長山桂三
  子方 谷本悠太朗、後ツレ 北浪貴寬 浅井文義
  ワキ 森常好、アイ 高野和憲
   大鼓 亀井広忠、小鼓 曾和正博
   笛 松田弘之、太鼓 小寺佐七

碇潜、いかりかずき(かづき・・・と書きたいのですが、現代仮名遣いではこちらの方が正当でしょうか)は、このブログ二度目の登場です。ただし今回は(禅鳳本による)と注釈のある通り、金春禅鳳の本に基いて古い演出の形を復活させた一番です。

前回は国立能楽堂での観世流岡久広さんの演能(鑑賞記初日月リンク)の鑑賞記を書いています。こちらは船出之習の小書が付いていました。

その折の鑑賞記にも書きましたが、この曲、現在は観世流と金剛流のみが上演曲としています。しかし演出が違いまして、金剛流は後場にツレ二位の尼と大納言の局が登場しますが、観世流はツレの出ないのが基本の演出になっています。
しかし前回鑑賞記に書いたように、観世でも船出之習の小書が付くと金剛と同様に後ツレが登場する形になります。このあたりの異同については、今回少しばかり調べてみましたので、この曲の鑑賞記の後に書いておこうと思います。

さて今回の演出は、金春禅鳳の本をもとにより古い時代の演出を復活してみたという試みで、前ツレが出たり、碇の作り物を出したりという賑やかなものでした。
常の演出との違いなどについては、後ほど小書の形を含めて触れることにして、明日からは、まず舞台の展開を追ってみようと思います。
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1974-8d77aed6

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-11 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad