能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

碇潜またつづき

ということで「また」のつづきです。

引廻しのかかったままの船中から後ツレ二位尼の謡い出し。浅井文義さんの特徴ある声です。二位尼のサシを受けて子方安徳帝が「楫枕 せめては月を松風の」と謡い、地謡に。
船出之習では後場は二位尼と大納言の局が出ますが、今回の演出ではさらに子方安徳帝が登場します。

クリ「それ身を観ずる時は岸上の草・・・」で引廻しが外され、二位尼と床几に腰を懸けた安徳帝が船の中央に、笛座側には大納言の局、シテ柱側には後シテ知盛の霊が姿を現します。たしか屋形の部分を巻いていた引廻しが一度広げられ、中央部分に固まっていた後シテ、後ツレ大納言の局がそれぞれ船の前後の部分に移動してから引廻しが下ろされたと記憶しています。(この部分もメモを紛失しました)

二位尼のサシから地謡。「新中納言知盛 二位殿に向ひ宣ふやう 今はこれまで候・・・」の謡に合わせ、シテは二位尼を向いて頭を下げます、クセになり「白き御袴の つま高う召されて」で二位尼が立ち上がり「大納言の局に内侍所を戴かせ」で局を向くと、局も二位尼の方に向き直ります。「皇居に参り跪き」と二位尼は子方を向き下居。

「さすが恐ろしと思しけるか」を二位尼が謡い、地謡「龍顔に御涙を浮めさせ給ひて 東に向はせおはしまし」ここで子方が立ち上がりワキ座方東方に合掌。「天照大神に御暇申させ給ひ 其後西方にて御十念も終わらぬに」で今度は二位尼の方に向き直ります。
「二位殿歩み寄り」で二位尼が子方に寄って立ち上がり「玉体を抱き目を塞ぎて」と子方を連れ「波の底に入り給ふ」と船から前に出て下居。大納言の局も船から出て下居し、ここで三人が入水の形となります。

「語るもよしなや跡弔へや僧達」の謡に三人は立ち上がり切戸口から退場します。
さてこのつづき、もう一日明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1978-5cecdddd

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad