能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

碇潜もう一日のつづき

地謡で三人が切戸口に向かい「夜すがらくどき給ひしに」の後「俄にかきくもり」から調子が変わって早くなり、シテは左袖を返して腰を浮かせ「すはまた修羅の」と謡って立ち上がると、地謡が「合戦の始まるぞや」と謡い早笛になります。

早笛の囃子のうちに大きな碇が持ち出され、ワキ座前に置かれます。
碇には道成寺の鐘のように紫の綱が付けられていて、ワキ座前の碇から地謡座の前に綱が延ばされます。

シテは白狩衣を衣紋着けにし、黒垂に風折烏帽子の姿。「波のうえに浮び出でたるは何者ぞ・・・」と謡い、長刀を右手に構えます。
「また瞋恚が起るぞとようらめしや」とシテが謡って地謡。「修羅の戦始まれば」でシテは船を出、舞台上に進んで舞働です。船出之習では、シテ「すはまた修羅の」地謡「合戦の始まるぞや」で舞働になりましたが、この演出では舞働の入る場所が違うようです。

長刀を持って、舞台上を文字通り舞い働きし、合戦の様を見せます。
舞働の後は地謡「修羅の戦始まれば」を繰り返すところから謡い舞いになり、「御座船には目もかけず」と角から常座に開キ。シテ「平家の公達艫へに回り」で足拍子踏んで角へ。長刀構え「大長刀を 茎長に取り延べ左を薙ぎては右を払い」と長刀を振り、戦う形です。

「多くの敵を亡ぼしけるが」と戦いますが「今はこれまで沈まんとて」と長刀を捨て、「鎧二領に兜二はね」で船に乗り、碇の綱を取ると「碇の大綱いやいやと引き上げて」と碇を引き寄せ、差し上げると船を下りて橋掛りへ。
一ノ松で欄干に足をかけ「海底に飛んでぞ 入りにける」と、碇を捨てて安座し、入水した形で留となりました。
(84分:当日の上演時間を記しておきます)
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1979-0cad3245

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-06 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。