FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

神楽と神懸かり・・・巻絹さらにつづき

舞クセの後、ワキはシテに祝詞を捧げるように述べます。

シテは御幣、この日は小書きが付いていたので梅の枝ですが、これを手にして目付に座し「謹上再拝」と左右に振ります。熊野の霊場を讃えると囃子がノットになり地謡との掛け合いから神楽へと進みます。

私、この神楽が好きなんです。
一噌流の神楽の唱歌は、なんだか都はるみの涙の連絡船とちょっと似た節回しなのですが、ま、それはさておき、神楽は天女ノ舞から広がっていったという中ノ舞などの舞物とはまた違った系統の舞です。
常の神楽は狭義の神楽の部分を舞った後、直りとして御幣を扇に持ち替え神舞の型を舞います。これが神楽留の小書きのために、狭義の神楽の部分だけで舞終えますが、これはまたなかなか風情があります。
この日は中正面の席だったのですが、前後左右とシテ祥人さんの微妙な動きがわかり、さらに舞が面白く感じられました。もともと中正は割合好きな席ですが、中正面から見る舞の面白さを再確認した感じです。

神楽の後を地謡が受けた後、小書きのためにイロエが省かれて「証誠殿は、阿弥陀如来」とシテの謡からキリに入ります。
さらに「三世の覚母たりで」橋掛りに進み、一ノ松で「満山護法」とキメます。ここからはさらに神懸かりの態になり、常の舞台上ではなく橋掛りで様々に神懸かりの様を見せますが「これまでなりや」とすーっと舞台に戻り「神は上がらせたもう」から神懸かりが解けます。
この変化が最後の見せ所ということでしょうか。

思わずこのあたりで涙が出そうになってしまいまして、我ながら驚きました。
取り立てて悲しい話でも、思いを込めた話でもないのですが、ただ舞の面白さ、美しさを観ているだけで感動するんだなあと、しみじみと思った次第です。
もっとも融なんかも、ストーリーとしては取り立てて何もないと言っても良いような能ですが、やっぱり感動すると泣けますものね・・・
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/198-0796bad2

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-04 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。