能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

碇潜を巡ってのつづき

今回の禅鳳本による演出が、金春禅鳳オリジナルとどのくらい近いのかは、なにぶん当時の演出がわからないので見当がつきません。しかし登場人物は確認できるので、その点は間違いないとすると、オリジナルの形から船出之習、そして小書無しの現行の形へと、登場人物が整理され、削られていくのがわかります。
鑑賞記中にも書きましたが、金剛流でも前場に子方二人を出すという演出があるようで、こちらの方が古い形に近いのでしょう。

この整理、わかるような気がするのです。
登場人物が多く写実的な方が面白いのですが、あまり能らしくない・・・能らしいというのも思い込みなのだと思いますが、世阿弥の目指した能の極致とは方向性が違うように思えます。世阿弥だったらこんな風には作らないだろう・・・と、改作者も考えたのではないかと思うのです。
特に前場、ツレ男二人が登場し(子方でも同じですが)シテを中心に三人が中入りする形では、前ツレは明らかに能登の守教経の霊になってしまいます。いやそういう意図で書かれた曲なのでしょうけれども、後シテが知盛の霊であるのを考えると、なんとなく前場は「平家の公達の幽霊である尉」に留めておきたい感もあります。
私の聞き違いかも知れませんが、当日の間狂言の最後に「知盛の幽霊現れ」という一句があったように記憶しています。
前後でシテの人格が違う曲も珍しくはありませんが、なんとなく落ち着きが悪い感じもするのですが・・・。

ともかくも、まずは前ツレが整理されて、前場はシテ尉のみが登場する形になったのだろうと思います。続いて後場ですが、たまたま銕仙会の当日、近くの席の女性が後場の大屋形船を見て笑い出しました。もちろん笑いを抑えて・・・ではあるのですが、後で友人と思われる同行の方に、なんだか大きなものが出てきて広げた幕の内側で人が動いているのを見ていたら可笑しくなってしまったと、そんな話をされていました。
当日、脇正面だったので、横からシテやツレの動きが垣間見えたこともあるのですが「可笑しい」と思う人も居るんだなぁと、妙に納得したところです。
大屋形船が出てくるなどというのは他曲にはありませんし、これまた能らしくないということなのかも知れません。
さてこのつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1981-1512b3f6

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad