能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白楽天のつづき

実際の舞台の流れですが、一同着座するとまずは音取、笛の吹き出しです。
続いて小鼓。さらにもう一度、笛、小鼓と繰り返した後、次の笛に小鼓がアシライ幕が上がります。

ワキは白大口に袷狩衣、唐冠の姿。ワキツレ二人は赤大臣の姿で登場し、ワキはそのまま正中まで進みます。
ワキツレは橋掛りに下居して控え、ワキの半開口「そもそもこれは唐の太子の賓客 白楽天とは我が事なり」と名乗り、続けて東の国、日本の智慧を計れとの宣旨を受け海路に赴く旨を述べます。

ワキツレが立って舞台に入り、三人向き合って次第「船漕ぎ出でて日の本の 船漕ぎ出でて日の本の 其方の国を尋ねん」。続いて道行を謡い、ワキの着きゼリフとなります。ワキツレが「然るべう候」と受けて、一同ワキ座に着座します。

今度は囃子が真ノ一声を奏し、幕が上がるとツレの男が深草色の無地熨斗目着流しに青緑のヨレの水衣肩上げ、右肩に釣り竿担って先に橋掛りを進み一ノ松で向き直ります。
シテは型通りの尉姿、小格子厚板に水衣肩上げ、同じく釣り竿を担って後から出、ツレと向き合っての一セイです。

「不知火の筑紫の海の朝ぼらけ 月のみ残る景色かな」をシテ、ツレ二人で謡うと囃子のアシライ。ツレが先に出て舞台に入り、正中に立ちます。シテが続いて常座に進み、ツレは竿を担ったままですが、シテは竿を肩から外して右手に提げた形でサシ「巨水漫々として碧浪天を浸し」と謡います。
続いて二人向き合い謡が続きます。范蠡の故事を引き海上の景色の面白さを謡う風情あるところ。続いて下歌、上歌と謡い続けます。

上歌の終わり「一夜泊りと聞くからに・・・」でシテ、ツレは立ち位置を入替え、ツレは後見に竿を渡し扇を持って目付へ。シテは竿を持ったまま大小前に立ち、これに合わせるようにワキが立ち上がります。

さてこのつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1987-15989423

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。