FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

腰祈 野村萬斎(研究会)

和泉流 観世能楽堂 2006.9.20
 シテ 野村萬斎
  アド 石田幸雄、月崎晴夫


萬斎さんシテの狂言を観るのは久しぶりです。別に避けている訳ではないのですが、金春流だと圧倒的に大藏家、善竹家の狂言の場合が多いこともあって、金春の会を観る比率が高い分だけ萬斎さんが遠のくような感じです。


それはともかくこの腰祈という狂言、山伏の法力を笑い飛ばしてしまおうという、いわゆる山伏狂言の類ですが、シテは山伏ではなく祖父(オオジ)。
この祖父の腰が曲がっているのを、山伏が法力で伸ばそうとするドタバタを描いています。


山伏のことを、祖父が「キョウノトノ」と呼びます。さてこれが良くわからなかったのですが、どうも「卿の殿」と言って、部屋住みのまだ若い山伏をさす言葉だそうです。確かに修行中の駆け出しだから上手く法力が使えなかったと、まあそういう意味もあるのかもしれません。
しかし他の山伏ものでも、狂言に出てくる山伏は、およそ法力が上手く使えずに、失敗して笑われるという形。それだけ、普段の生活に登場してくる山伏が威張っている煙たい存在だったのかもしれませんね。
実は私の祖先は遡ると、江戸時代以前に修験道のようなことをして生計を立てていたらしく、山伏の背負う笈も親戚の家に伝わっています。
きっと煙たい存在だったんでしょうねぇ。


さて狂言の進行は明日につづきます

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/199-adb826a8

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-06 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。