能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松虫さらにさらにつづき

「このつづきはまた明日に」と書いたときは、まさにそのつもりなのですが、いざその「明日」になってみると帰りが遅くなったり、様々な事情で書けないことも少なくないのが実情です。昨日もそんな一日でした。
という訳で、一昨日の松虫の続きです。
******************************************************
シテ、ワキのやり取りから、ワキ「古今こそ シテ「変れども 地謡「古里に。住みしは同じ難波人・・・」でシテは扇差し出して開キ、足拍子。続く謡に、サシ込み開キ七つ拍子踏んで左袖を返し、ワキに寄ると「懐かしの心や」と見込みます。

地のクリで大小前に進み正を向いて立つと「朝に落花を踏んで相伴って出づ」と謡い、地謡、シテ、地謡と続いて、地謡の謡の終わり「聞けば心の友ならずや」にゆっくりワキを向いて二足ほど詰めます。
クセになり、右に扇出してやや右を向き、直すと正先に出て「菊の水。汲めども。汲めどもよも尽きじ」と下を見、扇開いて下居し汲み上げる型。立ち上がると正先に差し出し「手まず遮れる心なり」と扇を横に引いて下を見て開キ。「廬山の古虎渓を去らぬ」と角へ小廻りして角トリ。左へ回って笛座前から正中へ。左右打ち込みして上げ端「それは賢き古の」と上扇。その後、大左右から正先、打込開キと、クセの基本的型をなぞります。

クセの終わりに袖返して左右、ワキに向くとシテのワカ。「盃の。雪を廻らす花の袖」と袖を直して扇閉じ、目付に出て後ろを向き開いて黄鐘早舞です。

この曲、いわゆる執心物ということいなろうかと思います。松虫の姿を求めて松原に分け入り死んでしまった友への執心が、シテの魄霊をこの世に留めている訳ですが、後場は必ずしもそうした執心の苦しみを強く見せようという立て付けではなく、むしろ亡き友と楽しき遊びの思い出を懐かしむ風情が感じられます。

黄鐘早舞も遊舞の楽の雰囲気で舞上げて、ワカを謡いつつ上扇。左右から地謡の「機織る音の」に打込開キ。大ノリで「きりはたりちやう」と謡いつつ二度手を打ち合わせます。さらに地謡に合わせてサシ込み開キ、角へ出て「色々の色音の中に」と下を扇で指しつつ回り、「松虫の声 りんりんりんりん」と下見回しながら出て正先へ。
「夜の声めいめいたり」とタラタラと下がり、左右打ち込みして開キます。

袖を直すと「難波の鐘も明方の」と雲扇して大小前から常座へと進みワキに向かって「名残の袖を」とサシ込み開キ。角へ小廻りし角トリして左へと回り、「草茫々たる朝の原に」とワキ座から常座へとノリ込んで正を向いてサシ込み開キ。
「虫の音ばかりや 残るらん」左袖返して留拍子を踏み終曲となりました。

舞台は以上の通りですが、少しばかり思うところを明日に続けたいと思います
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1993-6582097f

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-06 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。