能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鉢木 角寛次朗(観世会定期能)

観世流 観世能楽堂 2013.12.01
 シテ 角寛次朗、ツレ 坂口貴信
  ワキ 森常好
  アイ 山本凜太郎 山本則俊
   大鼓 柿原崇志、小鼓 観世新九郎
   笛 寺井宏明

ようやく12月の観世会にたどり着きました。
一曲目は鉢木。8年ほど前に金春流櫻間右陣さんの鑑賞記(鑑賞記初日月リンク)を書いて以来です。直面で舞もなく謡の掛け合いを主体に進む曲で、独特の魅力がある曲です。シテの角寛次朗さんは観世会のベテランで、舞台上でのお姿も何度も拝見しておりますが、我ながら驚いたことにシテで拝見するのは今回が初めてでした。

まずは出し置きでツレの坂口さんが登場してきます。
無紅唐織で、落魄した武士である佐野源左衛門の妻という役処ですが、橋掛りを進む運びが綺麗。・・・あまり拝見していないのですが、私、坂口さんの能を大変気に入っております。宝生流の高橋憲正さんと芸大の同期だそうで、お二人ともいずれ両流を支える演者になられるだろうと、大変期待をしています。
ともかくも、無紅と言いながら白い小紋が散らされた割と明るい印象の装束で舞台に進み、地謡前に着座して次第の囃子となりました。

ワキの登場ですが、無地熨斗目に墨染め風の水衣。角帽子に笠を被って舞台に進み、常座で斜め後ろを向いて次第。正面に向き直って笠を外しての名乗りです。
諸国一見の修行者と名乗って、信濃国に居たけれども雪が深くなったので鎌倉に上り、春になってからあらためて修行に出ようと思う旨を述べて、道行の謡になります。

浅間の嶽に立つ煙を眺め、大井山・・・これは佐久の平尾山のことのようですが、伴野、離山と長野県内の地名が続き、さらに碓井川と群馬に入って、板鼻から佐野のわたりに着いたと謡われます。板鼻までは中山道に沿って進んでいるようですが、鎌倉に上るのに佐野へ行くのは廻り道になってしまうとのではないか、といささか気になるところです。
ともかくもワキ森常好さんの謡ですが、この道行、スゴいなと当日のメモにあります。いつにもまして味わいある謡だったと記憶しています。
さてこのつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1995-3c7891bc

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-06 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。