能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鉢木またまたつづき

アドアイが下がると一声の囃子で後ワキの出になります。
白大口に紫の水衣、掛絡を懸けて沙門帽子の出立。ワキツレ二階堂が、白大口に側次、梨子打烏帽子に白鉢巻きして登場します。オモアイがこれに従います。
ワキがワキ座で床几に腰を下ろし、ワキツレが控え、オモアイが笛座前に座してシテの出を待ちます。

割とゆっくり目の早笛で、直面に白鉢巻。白大口に段熨斗目、側次を着て、長刀を肩にした後シテが登場し、一ノ松で「いかにあれなる旅人」と謡い出します。
シテは鎌倉に上る東八カ国の大名小名の軍勢の様を描写し、それにひきかえ自分の具足のみすぼらしさを述べて「さぞ笑ふらん」と見回すようにしつつ謡います。
気持は誰にも劣らないと心はいさんでも、痩せ馬が思うように進まず「あら道おそや」と幕方を見る型から地謡。

シテは長刀を立て、背より鞭を取り出すと「よれによれたる痩馬なれば」と馬打つ所作。下がって長刀振りつつ出て後見座で鞭を捨て、常座に出て「追いかけたり」と長刀を肩に持たせる形になります。

シテが動きを止めると、舞台はワキの方に焦点が移ります。
ワキが「いかに誰かある」と呼び、ワキツレ二階堂が進み出ます。ワキは、国々の軍勢の中に「いかにもちぎれたる腹巻を着 錆たる長刀を持ち 痩せたる馬を自身ひかえ武者」がいるはずなので急いで連れて来いと命じます。

二階堂がオモアイを呼び、同じくそのような武者を連れてくるように命じますが、さて立ち上がったアイは、そんな武者などいないと言いつつ正先に出、一ノ松あたりに佇むシテを見つけます。
アイがシテに声をかけてのやり取り。いかにも見苦しい武者を連れて来いと命ぜられたというアイの言に、シテは確かにそれは自分だろうと認め、畏まったと返事します。
アイは切戸口から退場し、シテは長刀を右手で突き立てて、自分を謀反人ということで御前で首をはねようということか、それもまた仕方ないと言います。
地謡が受けての謡になりますが、このつづきもう一日明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/2000-8db3871a

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。