能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野宮 合掌留 観世清和(観世会定期能)

観世流 観世能楽堂 2013.12.01
 シテ 観世清和
  ワキ 殿田謙吉、アイ 山本則重
   大鼓 亀井忠雄、小鼓 鵜澤洋太郎
   笛 一噌隆之

野宮は5年振りです。前回は金春流辻井八郎さんの演能(鑑賞記初日月リンク)でしたが、今回は観世宗家。
そう言えば宗家はこの一月から清河寿と改名された様子です。子細の程は分かりませんが、いずれにしてもこの野宮が、私にとっては清和さんの名前で拝見した最後の能となりました。

さて野宮の舞台では、一同着座すると後見が柴垣附の鳥居を持ち出してきます。芳伸さんがなんだか運びにくそうに鳥居を持って出、正先に据えて柴垣を広げると名宣笛。
ワキ殿田さんが登場してきます。無地熨斗目着流しに絓(シケ)の水衣、角帽子を着け常座まで出ると名乗りです。

観世の本には「諸国一見の僧」とあるところ、下掛宝生は一所不住の僧と名乗ります。ともかくも、嵯峨野の方を見に行ってみようと言いますが、さてその途次、とある森を人に尋ねたところ野宮の旧跡ということなので、見てみようと立ち寄ることにします。
アシライで正中に出ると「我この旧跡に来てみれば」と謡い出し「拝み申ぞ有難き」と謡って下居。下歌「伊勢の神垣隔なく 法の教の道真に ここに尋ねて宮所 心も清める夕べかな」と謡い、立ち上がるとワキ座に着座します。

次第の囃子、前シテの出です。紅入唐織着流しに左手には木の葉枝を持っています。
どうも自ら歩んでいると言うよりも、何かに引かれて出てきたような、そんな印象を受ける運びでした。

形通りの次第謡。「花に馴れ来し野宮の 花に馴れ来し野宮の 秋より後は如何ならん」この次第から、サシ、下歌、上歌と続くシテの謡は、とても重要な部分と思っています。わけてもこの次第が大事なところで、一曲の情趣を定めるような感じがします。宗家の次第も深い謡でした。
故観世寿夫さんの録音が手許にありまして、これまた秀逸で本当に深い。
さてこのつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/2006-3bbed536

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。