能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野宮のつづき

上歌を謡い終えたシテにワキが声をかけ問答になります。
ここは古、斎宮となった人が仮に移った野宮の旧跡。その野宮を光源氏が訪れたのが長月七日、ちょうど今日にあたり、その神事をなすというシテ。ワキが昔を思う謂われを問うと、さらにシテが答えます。

光源氏がこの地を訪れ、持っていた賢木の枝を忌垣の内に差し置いたところ、六条御息所は「神垣はしるしの杉もなきものを 如何にまがへて折れる賢木ぞ」と歌を詠まれた。
とシテが語り、ワキは今シテが手に持つ賢木の枝も昔に変わらぬ色かと言います。

シテ、ワキの掛け合いから地謡「末枯の 草場に荒るる野の宮の・・・」となり、常座に立ったままワキと問答を続けていたシテは、するすると割合軽めの運びで正中から正先の鳥居の手前まで出、手に持つ木の葉を鳥居の先に置きます。「跡なつかしき此処にしも」で立ち上がり、大小前からワキを見「仮初の御住居」と目付柱あたりに目を遣る風。
さらに「光は我が思ひ内にある色や」の謡に、ワキ正から幕方へと面を向けて歩み出し、「あら淋しこの宮所」の謡いっぱいに常座に戻り正面を向きます。

ワキが、なお御息所の謂われを物語るように求め、地のクリでシテは正中に下居。
サシからクセへと光源氏と御息所の恋の行く末が謡われます。ロンギとなり、あらためて「常人ならぬ御気色 その名を名のり給へや」と地謡が謡い、シテは「その名もなき身とぞ問はせ給へや」と謡って、名を名のらないことと「亡き身」であることをかけて暗示します。
さらに掛け合いが続き、地「御息所は」シテ「我なりと」地「夕暮れの秋の風・・・」と続いて、シテは初めて腰を浮かせて立ち上がり、ゆっくりと目付を向いたところから「影幽かなる木の下の」と常座に歩み出し、正面に向き直ると「鳥居の二柱に」と三足ほど出、「立ち隠れて」と五足ほど下がると、やや面を伏せあらためて送り笛で中入となりました。
金春の辻井さんの演能では、クセ上げ端の後から立ち上がりましたが、この日の形は中入の直前までじっと座ったままでした。
このつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/2007-693aee65

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。