能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

野宮さらにさらにつづき

地謡となり「人々轅に取りつきつつ」とシテはワキ正にススッと出て両手を重ね、「奥に押しやられて」と下がって常座。「身の程ぞ思ひ知られたる」とシオリ、目付に出ると左に回り、正中で「牛の小車の廻り廻り来て」と一廻り、さらに小さく回って大小前へ。

ワキを向いて下居し合掌。「昔を思ふ 花の袖」と合掌を解いて立ち上がり、常座に向かうと後見座を向き、装束を直して序ノ舞に入ります。
序ノ舞の所作は記しませんが、たいへん美しい舞でした。舞上げるとシテ「野の宮の月も昔や思ふらん」と上扇。中左右から足拍子二つ踏んで「森の下露」と打込開キ。
そのまま謡うと、地謡の「庭のたたずまひ」でサシて五足ほど出、庭の風情を見る心で手を下ろすと「気色も仮なる」で胸サシして鳥居に寄り、扇で「露うち払ひ」と打ち払う所作。
サシて舞台を廻り、「松虫の音は」と角トリ、左へ回って鳥居をゆっくりと過ぎ、大小前にススッと進むと、招き扇して鳥居に寄り、ここから「懐かしや」とタラタラと下がってシオリ。破ノ舞となります。

太鼓の入らない大小序ノ舞物で破ノ舞も舞われるのは、観世流ではこの野宮一曲だったはずですが、今回は小書合掌留のため、この破ノ舞が変わります。

シオリをしたまま舞に入り、角に出てワキ座へ。ワキ座あたりでサシて大小前に向かうと、霞扇で正先まで進み、鳥居の手前に下居。扇を置いて合掌します。笛のヒーの音で舞上げ、合掌で留める形です。

キリの地謡となり「此処は元より忝くも」を聞いて「神風や」で扇を取って立ち上がり、二足詰めると「鳥居に出で入る」の謡に、高く一足出して、引き抜くように戻します。下がって左に回り、扇下ろしつつ「車にうち乗りて」と拍子二つ踏んで、扇を直しつつ常座へ。
「火宅の門をや出でぬらん」と開キ「火宅の門」で左袖返して留の拍子を踏み、終曲となりました。
二時間を越える一曲でしたが、夢のような時間を過ごしました。
(123分:当日の上演時間を記しておきます)
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/2010-01e70c0a

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-11 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad