能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

朝長のつづき

鳥羽天皇が崇徳天皇を嫌い、むりやり崇徳天皇の弟にあたる近衛天皇に譲位させた後も、崇徳上皇は、いずれは再び自ら、あるいは自分の子が皇位に就けることを期待して悶々とした日々を過ごしていたわけです。
しかし近衛天皇が17歳で子のないままに崩御し、崇徳上皇は皇位への期待を高めますが、次に即位したのは崇徳上皇と近衛天皇の兄弟である後白河天皇。しかも後白河天皇はその子である守仁親王、後の二条天皇が即位するまでのつなぎとして即位したため、これで崇徳上皇の系譜に皇位が戻ってくる望みは全くなくなってしまいます。

そんな中、鳥羽上皇が崩御し、崇徳上皇と後白河天皇の間が抜き差しならないところに到ります。さらにこれ以前からの関白藤原忠通と異母弟頼長の勢力争いがからみ、騒乱へと展開していきます。崇徳上皇、藤原頼長側には、源為義や平忠正をはじめとする武将が付き、後白河天皇、藤原忠通側には、為義の子である義朝や忠正の甥である清盛などが付いての争いが一気に武力衝突となったのが保元の乱です。

保元の乱は義朝や清盛の活躍もあり、あっという間に天皇方の勝利となったわけですが、この際に義朝は父である為義の斬首を命じられ「父殺し」の謗りを浴びるようになってしまいます。また信西が取り仕切った乱後の論功行賞で、清盛が播磨守・大宰大弐となったのに対し、義朝は左馬頭に留まったことなどから、義朝の不満が高まります。
権力を掌握した信西に対し、信頼や義朝などが中心となった反信西派が起こしたクーデターが、保元・平治の第二幕、平治の乱という訳です。

反信西派は、清盛が熊野詣で不在の時を狙って事を起こし、既に二条天皇に譲位していた後白河上皇や二条天皇を幽閉して一気に優位に立ちます。信西を確保して斬首し、気勢を上げましたが、熊野から急遽、清盛が都に取って返し、上皇、天皇を救出したことから、様相が大きく変化します。

信頼や義朝は上皇や天皇を奪われたために逆賊になってしまい、六波羅合戦で敗退。信頼は捉えられて斬首。義朝は長男義平とは別行動になってしまい、次男朝長らと逃げ落ちますが、その途中、膝に矢を受けて動けなくなった朝長が自害。義朝も尾張国まで逃げますが、ここで同行していた鎌田政清の舅である長田忠致の館に身を寄せたところ、浴場でだまし討ちに遭って命を落としてしまいます。
非常に大まかですが、朝長を観るにあたっては、この程度でも知っていると話が分かりやすいかと思います。
このつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/2020-d937eace

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad